本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市議会の中のかなざわ市議会だよりから教育と環境
印刷用ページを表示する

教育と環境

自校調理方式給食の存続を【大桑進議員・日本共産党】
PFI事業の導入を【川裕一郎議員・市民】
校舎建てかえの基本構想策定を【福田太郎議員・自民党】
全国学力テストの意義は【野本正人議員・自民党】

 
自校調理方式給食の存続を【大桑進議員・日本共産党】
質問国の保健体育審議会は、学校給食の調理体制について、きめ細かな食事の提供や指導が可能となる単独自校調理方式が望ましいとしている。8月に廃止予定の菊川町小学校の自校調理方式の給食は、存続すべきではないか。

学校給食の様子
答弁学校では、給食を通じて児童・生徒に感謝の心をはぐくみ、地元の食材への理解を深めるなど、食教育を推進している。また、本市学校給食は共同調理場方式を基本としており、今後もその方針に変わりはない。(教育長)
▲TOPへ

 
PFI事業の導入を【川裕一郎議員・市民】
質問全国の自治体や国などで、既に290件の※PFI事業が計画、実施されており、本市においても、小立野小学校など老朽化した公立小中学校の建てかえ工事についてPFI事業を研究し、導入に向けて取り組む必要があるのではないか。
答弁今年度、小中学校の建てかえ工事等について、効率的、効果的に進めていくための整備手法の一つとしてPFI事業を研究しており、今後、研究成果に基づき、導入の可能性について検討していきたい。(市長)
※ PFI
 公共施設等の建設、維持管理、運営等を民間の資金、経営能力及び技術的能力を活用して行う手法
▲TOPへ

 
校舎建てかえの基本構想策定を【福田太郎議員・自民党】
質問小立野小学校を初め、市内には築年数が長く、構造上、耐震補強工事が困難な校舎があるが、建てかえの基本構想を取りまとめることについて市長の考えを伺う。
答弁学校施設の安全性の確保は極めて重要である。耐震補強が構造上、困難な校舎の建てかえは、大きな財政負担を伴うが、建築年次等を十分考慮しながら、計画的にできるだけ早く整備を進めていきたい。(市長)
▲TOPへ

 
全国学力テストの意義は【野本正人議員・自民党】
質問県内公立学校の全国学力テストの結果は、平均正答率が全国平均を上回り、本市においては県平均も上回った。この学力テストの意義、結果について市長の考えを伺う。
答弁全国学力・学習状況調査は、本市の教育状況を知る上で意義がある。今回、学力状況が高い水準にあったことは、独自の教育施策に積極的に取り組んできた成果であり、これからも魅力ある教育の実現を目指していきたい。(市長)
▲TOPへ


戻る
より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。