本文へジャンプ

まちづくり

郊外型区画整理は慎重に【山野之義議員・自民党】
薬害や化学物質過敏症に対する意識啓発は【森一敏議員・社民】
建築確認申請に迅速な対応を【川裕一郎議員・市民】
金沢大学工学部跡地についての認識は【福田太郎議員・自民党】

 
郊外型区画整理は慎重に【山野之義議員・自民党】
質問郊外型区画整理は、さらなる都市のスプロール化を招き、インフラコストの一層の肥大化につながりかねない。道路、上下水道整備などの行政費用の抑制や市街地環境の再建等を見据えた場合、郊外型区画整理に対し慎重であるべきではないか。
答弁これからは人口減少が避けられず、市街化区域への編入を伴うような大きい区画整理はないと思っており、今後は、まちなかのスプロール化防止のための区画整理が主流にならなければならない。(市長)
▲TOPへ

 
薬害や化学物質過敏症に対する意識啓発は【森一敏議員・社民】
質問樹木害虫防除のために、農薬散布が自由にできてしまうと、環境ホルモンによる人体への悪影響や、化学物質過敏症の発症リスクを高めることになる。薬害や化学物質過敏症に対する意識啓発は効果を上げているのか。

捕殺防除の様子
答弁町会の班回覧チラシやホームページ等で意識啓発を図ってきたが、高枝切りばさみ購入補助の利用実績が、昨年度の約3倍に達していることから、捕殺防除の意識が徐々に浸透してきたと考えている。(都市整備局長)
▲TOPへ

 
建築確認申請に迅速な対応を【川裕一郎議員・市民】
質問耐震偽装問題で建築基準法が改正され、申請手続が大きく変化したため、全国的に大混乱し、建築確認申請数が激減した。国は申請手続の緩和を実施したと聞いているが、今後の事務処理についてどう対応するのか。
答弁国土交通省は、円滑な建築確認手続を行うための要点を示してきており、市として国の要点を十分に設計者、施工者等に伝えることが大事なので、これまで以上にきめの細かい指導に努力していきたい。(市長)
▲TOPへ

 
金沢大学工学部跡地についての認識は【福田太郎議員・自民党】
質問金沢大学工学部近隣地区では平成18年から跡地利用の検討を始めているが、行政からの情報が少なく、地元住民の危機感は相当強い。市長は金沢大学工学部跡地についてどのような認識を持っているのか。
答弁金沢大学工学部跡地は、金沢市全体のまちづくりにかかわる重要な土地であり、県と市が跡地利用を考えるのが基本である。また、用地とのかかわりで道路の問題を十分研究していく必要があると考えている。(市長)
▲TOPへ


戻る