本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市議会の中のかなざわ市議会だよりから産業と農林
印刷用ページを表示する

産業と農林

岡崎市・豊田市からバスツアーの誘致を【松村理治議員・市民】
伝統工芸と先端技術とのコラボレーションを【山野之義議員・自民党】
今後の企業誘致の方針は【松井純一議員・公明党】
県水単価と責任水量の引き下げを【大桑進議員・日本共産党】
中山間地域活性化に向けた取り組みは【角野恵美子議員・公明党】
まちなか小売商業対策を【升きよみ議員・日本共産党】
イート金沢の今後の方向性は【下沢広伸議員・自民党】
粟崎工業用地の売却単価はすでに決まっていたのでは【森尾嘉昭議員・日本共産党】
商業環境形成指針の検証と課題についての考えは【玉野道議員・自民党】

 
岡崎市・豊田市からバスツアーの誘致を【松村理治議員・市民】
質問平成20年7月に東海北陸自動車道が全線開通すると、愛知県とは3時間余でつながる。本市は、岡崎・豊田両市と観光交流都市協定を結んだが、バスツアーを組んで金沢のよさを知ってもらう工夫をしてはどうか。

観光交流都市協定調印式
答弁東海北陸自動車道の全線開通を絶好の機会ととらえ、開通記念キャンペーンを中京圏で実施したい。岡崎市からは、金沢への市民バスツアーを企画する意向があり、魅力あるコース設定等に協力していきたい。(市長)
▲TOPへ

 
伝統工芸と先端技術とのコラボレーションを【山野之義議員・自民党】
質問ミスマッチ感が否めない、金箔などの伝統工芸と先端技術とのコラボレーションだが、このことにより伝統工芸が刺激され、新たな文化やビジネスが生まれてくるのではないか。
答弁伝統的技術に先進的・革新的技術が刺激を与えることで、新しい用途開発や商品開発が進むと考えている。(仮称)金沢箔技術振興研究所の中で、伝統工芸と先端技術との連携が行われると思っており、今後とも研究し、努力していきたい。(市長)
▲TOPへ

 
今後の企業誘致の方針は【松井純一議員・公明党】
質問企業誘致にインフラ整備は重要である。現在、金沢港の大水深岸壁や環状道路の整備などが行われているが、今後のインフラ整備と企業誘致の方針をどのように考えているのか。
答弁都市基盤整備を進めているが、高等教育機関の集積や歴史文化に基づく技術力の高さ、教育・医療・福祉の水準などの総合力も大事である。今後は、医療・環境機器、IT産業などの幅広い誘致により産業構造に厚みを加えていきたい。(市長)
▲TOPへ

 
県水単価と責任水量の引き下げを【大桑進議員・日本共産党】
質問福井市、富山市に比べて1.3〜1.4倍高い水道料金の要因は、県水の単価と責任水量にある。県水は1立方メートル119円、自己水は33円50銭であり、県に対して引き下げ交渉を強力に進めていくことを求める。
答弁これまでも県に要望し、平成15年度には単価の引き下げが実現した。今後とも単価の引き下げや責任水量の下方修正について、他の受水市町と連携し、県に強く要望していきたい。(公営企業管理者)
▲TOPへ

 
中山間地域活性化に向けた取り組みは【角野恵美子議員・公明党】
質問中山間地域活性化に向け、総務省は過疎地域自立促進特別措置法にかわる対策の検討作業を始めた。これからの大きな課題は、ソフト対策に力を入れることだが、本市では今後どのような取り組みをしていくのか。
答弁本市としては、農業基盤や森林整備等に努めてきたが、今後は新たな特産品の開発や農産物の加工などによる産業の振興など、ソフト施策を織りまぜながら、地域と協力して元気な地域づくりを進めていきたい。(市長)
▲TOPへ

 
まちなか小売商業対策を【升きよみ議員・日本共産党】
質問本市の小規模小売商業は、大型店がふえ、商売が立ち行かなくなっている。大型スーパーは激戦状況で、さらに出店予定があるが、県が積極的に出店調整するよう働きかけるべきではないか。
答弁これまでも機会があるごとに県へ申し入れを行っている。商業環境形成審議会においても、広域調整について活発な議論がなされており、後日、意見書が提出されれば、改めて県に対し要請していきたい。(市長)
▲TOPへ

 
イート金沢の今後の方向性は【下沢広伸議員・自民党】
質問今年度の※イート金沢は、ガニゲ(マンガ・アニメ・ゲーム)産業をテーマとしているために大変人気があり、総合プロデューサー塾の募集は既に締め切られたと聞くが、イート金沢の今後の方向性を伺う。
答弁今後は、新産業をいかに創出するかが課題だが、これまでの人脈ネットワークを活用して、年度内にイート産業化準備委員会をつくり、新コンテンツビジネスの検討や地場産業とのつながりを強化していきたい。(市長)
※ イート金沢
 IT産業における人材育成や新産業の創造を目的とした金沢発のエレクトロニックアートの祭典
▲TOPへ

 
粟崎工業用地の売却単価はすでに決まっていたのでは【森尾嘉昭議員・日本共産党】
質問本市と県とコマツは、11月に粟崎工業用地売却の仮契約を結んだが、用地の売却単価は1平米当たり1万9,800円で、近くのかたつ工業団地の4割程度の価格にすぎない。造成工事前から、コマツとこのような展開を約束していたのではないか。
答弁財産処分の前提に仮契約が必要となるが、仮契約には単価が必要である。単価設定に当たっては、鑑定評価や市有財産審議会などの必要な手続も踏んでいることを理解してほしい。(市長)
▲TOPへ

 
商業環境形成指針の検証と課題についての考えは【玉野道議員・自民党】
質問本市では、商業環境形成指針の検証を進めているが、中心市街地の再生と郊外拡大による整備はつじつまが合わず、多くの課題を生んでいる。商業環境形成指針の検証と課題についての考えを伺う。
答弁商業環境形成指針や条例については、現在その内容を審議会で検証しており、大型店の社会的責任等について議論がなされているが、年度内に取りまとめられる意見を踏まえ、指針や条例の改正を行いたい。(産業局長)
▲TOPへ


戻る
より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。