本文へジャンプ
市長の施政方針(要旨)
◇北陸新幹線開業に向けて、魅力と活力のあるまちづくりが急がれることから、年内をめどに新幹線対応行動計画(仮称)の取りまとめ作業を進めているが、この行動計画を着実に推進するため、年明けにも庁内に新幹線対応連絡会議(仮称)を設置するとともに、専任職員を配置するなど、新たな体制を整備したい。
◇平成20年7月の東海北陸自動車道の全線開通を見据え、平成19年10月に岡崎市・豊田市と観光交流都市協定を締結したところであり、中京圏との交流を推進していくほか、カンヌや台北市で開催される旅行博等に出展し、観光宣伝を行うなど、国外からの観光客誘致にも取り組む。
◇「グッドマナー実践都市宣言」の決議を受けて、マナーをよくするかなざわ市民会議と連携し、平成20年2月にグッドマナー市民大会を開催するなど具現化策に取り組み、市民の意識高揚を図る。
◇景観施策の実効性を高めるため、現在、指定区域の拡大や規制強化を図るべく、都市景観形成基本計画の見直し作業を進めているところである。年度内に取りまとめて、明年度、具体的な区域や規制内容を定める個別の計画を策定し、条例を改正していく。
◇文部科学省から、全国学力・学習状況調査の結果が公表され、本市児童・生徒の成績が全国平均を上回る高い水準にあることがわかった。今後、結果の分析を踏まえ、さらなる学力向上や授業の改善に役立てたい。


戻る