本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市議会の中のかなざわ市議会だよりからまちづくり
印刷用ページを表示する

 

 

 
雨水情報システム構築の進捗は【山野之義議員・自由民主党】
まちなかの空き家対策は【久保洋子議員・自由民主党】
 
雨水情報システム構築の進捗は【山野之義議員・自由民主党】
質問本市で計画中の「高度雨水情報システム」には、わかりやすい防災情報を市民へ迅速・正確に伝達することとともに、水門監視・制御なども含めた情報の一元管理が求められるが、その具体的取り組みと進捗状況を聞く。
答弁このシステムは減災・水防対策上の重要な位置づけをなすものであり、現在、国・県・気象台などの関係機関と、情報提供に伴う技術的な協議を進めている。本年12月にはシステム構築に着手し、平成22年度末の運用を目指していく。 (土木部長) 
▲TOPへ
 
まちなかの空き家対策は【久保洋子議員・自由民主党】
質問まちなかの居住人口をふやすため、本年7月に実施した材木町・横山町周辺での空き家調査の内容・結果とともに、この調査を踏まえた空き家活用に関する具体的な内容、今後の方針について聞く。
答弁当該地区で空き家の戸数、外観調査を行い、空き家は58戸、空き家率は5.1%であった。この調査をもとに、リフォームの支援制度や移住希望者への情報提供など、空き家を流通させる仕組みを検討して、まちなかの住宅再生を図り、定住促進につなげていきたい。(市長) 
▲TOPへ
戻る
より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。