本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市議会の中のかなざわ市議会だよりから予算と暮らし
印刷用ページを表示する

 
 

 
松風閣の保全で歴史都市の魅力発信を【松村理治議員・市民】
国旗・国歌に対する考えは【安居知世議員・自由民主党】
文化施設の来館者を増やすには【角野恵美子議員・公明党】
市町村再編や道州制に反対すべきでは【升きよみ議員・日本共産党】
石川線・浅野川線に関する交通事業者への対応は【下沢広伸議員・自由民主党
国の補正予算執行の見合わせによる本市への影響は【清水邦彦議員・市民】
日仏自治体交流会議への意気込みは【横越徹議員・自由民主党】
 
松風閣の保全で歴史都市の魅力発信を【松村理治議員・市民】
質問鈴木大拙館の建設予定地に隣接し、国や市の文化財でもある松風閣とその庭園は、市が主体的に保全し、市民に公開することで、歴史都市の魅力発信につなげてはどうか。

松風閣庭園
答弁鈴木大拙館の整備基本計画において、松風閣庭園との回遊性確保がうたわれている。貴重な文化資産を保全するため、必要な支援を行うとともに、所有者ともよく協議しながら、回遊性の向上に意を用いていきたい。 (市長) 
▲TOPへ
 
国旗・国歌に対する考えは【安居知世議員・自由民主党】
質問生まれ育った国やまちを愛し、誇りに思うことは大切であり、その思いが国やまちを成長させている。次代を担う子どもたちにこの気持ちを伝えることが大切であり、国旗等を尊重する姿勢が国家観を養うと考えるが、市行事における国旗の取り扱い、国旗・国歌に対する市長の考えを聞く。
答弁国旗・国歌については、法律で定められており、尊重することは当然だと思っている。行事の内容に即して国旗掲揚や国歌斉唱等に努めるという表現の内閣官房長官発言を尊重し、適正な運用を行っている。(市長) 
▲TOPへ
 
文化施設の来館者を増やすには【角野恵美子議員・公明党】
質問本市が所管する美術館や博物館等はすばらしい財産であり、これらの文化施設に、より多くの方に来館してもらうため、今後どのように取り組んでいくのか。
答弁文化施設間の密接な連携、地域と学校との連携、わかりやすく親しまれる企画が大事だと思っているが、究極は企画をつくる人材、人づくりであり、優れた人材の確保・育成に努力しなければならない。(市長) 
▲TOPへ
 
市町村再編や道州制に反対すべきでは【升きよみ議員・日本共産党】
質問市町村再編や道州制の導入は、住民のための地方自治の充実を考えたものではない。真の地方分権を目指すのであれば、これらに反対して地方を守るべきと考えるが、所見を聞く。
答弁市町村合併は、行政の基盤強化や能力向上、効率的な行政組織をつくる点で効果があったが、行政サービスの点で検証が必要である。道州制の導入には、まず基礎的自治体の充実が必要であり、都道府県との関係、都道府県と国の地方出先機関との関係を議論すべきだと思っている。 (市長) 
▲TOPへ
 
石川線・浅野川線に関する交通事業者への対応は【下沢広伸議員・自由民主党】
質問石川線と浅野川線は、利用客が減少傾向と聞いており、廃線の事態が心配されるところだが、これまでの沿線市町との協議内容と、法定協議会や今後の交通事業者への対応にどう取り組むのかを聞く。
答弁両路線については、交通事業者の設置する再生支援協議会には参画しており、県や沿線市町とともに利用促進への方策などを協議してきた。交通事業者には、まずは地元の声を聞いて利用者確保に努めることが望ましいことから、沿線市町が設置する法定協議会ではなく、事業者が主体的に取り組んでほしい旨を伝えている。 (市長) 
▲TOPへ
 
国の補正予算執行の見合わせによる本市への影響は【清水邦彦議員・市民】
質問さきの衆議院選挙による新政権への移行期にある中、国の補正予算の見合わせが報じられているが、国の補助事業に伴う本市事業執行への影響についての考えを聞く。
答弁今般の市補正予算で計上した国の補助事業は国から内示等を受けたものであることから、影響はないと判断しているが、未執行の事業等については、見直しの可能性が報じられており、今後、内容を見きわめながら対応していきたい。(市長) 
▲TOPへ
 
日仏自治体交流会議への意気込みは【横越徹議員・自由民主党】
質問来年5月に金沢で開催される「第2回日仏自治体交流会議」において、金沢の文化力をどのように世界に発信していくのか、市長の意気込みを聞く。
答弁創造都市の認可を受けたこともあり、「クラフト・ツーリズム」と銘打ち、友禅、象嵌などの作家の工房を回り、金沢の本来の手仕事に触れる機会を提供したいと考えており、準備を進めていきたい。 (市長) 
▲TOPへ
戻る
より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。