本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市議会の中のかなざわ市議会だよりから産業と農林
印刷用ページを表示する

 


 
まちなか観光交流サロン設置の経緯は【増江啓議員・公明党】
ベンチャー企業育成支援の強化を【山野之義議員・自由民主党】
イノシシ被害への対策は【小阪栄進議員・市民】
東山地区で観光用駐車場の確保を【小阪栄進議員・市民】
里山の竹林化防止策は【角野恵美子議員・公明党】
新規就農者への支援制度充実を【大桑進議員・日本共産党】


 
まちなか観光交流サロン設置の経緯は【増江啓議員・公明党】
質問今議会で提案のまちなか観光交流サロン設置には性急さを感じているが、予算化に当たっての検証、その必要性について、どのような検討が行われたのか。
答弁中心商店街から空洞化対策の要望もあり、まちなかにおける公共的施設の配置等を検討していく中で、まちなか観光交流サロンが活性化策として有効と考え、現地調査等の結果、にぎわい創出や交通利便性の観点から効果のある場所を選定した。(市長) 
▲TOPへ
 
ベンチャー企業育成支援の強化を【山野之義議員・自由民主党】
質問ベンチャー企業が最も必要とするのは営業力やビジネスのコーディネート力であり、インキュベーター機能を担うITビジネスプラザ武蔵のコーディネート機能の充実を期待するが、所見を聞く。
答弁現在、ITビジネスプラザ武蔵にはインキュベーションマネジャーが常駐しているが、さらに、入居者の情報発信や受注機会拡大のためのビジネスマッチングを推進するほか、コーディネート機能が十分発揮できるよう、人的充実を検討していきたい。(市長) 
▲TOPへ
 
イノシシ被害への対策は【小阪栄進議員・市民】
質問中山間地域におけるイノシシによる農作物被害の拡大は、耕作意欲の低下、耕作放棄地の増加につながり、農業衰退に追い打ちをかけているが、今後の対策を聞く。
答弁農家や農協、猟友会などで構成するイノシシ対策研究会を設置し、専門家の意見を聞きながら、被害発生時の連絡体制、電気さくや捕獲おりの設置方法など、集落ぐるみでの効果的な自主防衛策を取りまとめ、各集落に周知徹底を図っていく。 (農林部長) 
▲TOPへ
 
東山地区で観光用駐車場の確保を【小阪栄進議員・市民】
質問東山地区では、マイカーの観光用駐車場が極端に少ないことから、駐車場待ちの車両で混雑し、営業上・生活上で地域住民に迷惑をかけているが、駐車場確保の具体策を聞く。
答弁東山地区の観光用駐車場については、今後、安江金箔工芸館の移転もあることから、車両の受け皿が必要と考えており、適地があれば、地元合意を得ることを条件に、取得を前向きに検討したい。 (市長) 
▲TOPへ
 
里山の竹林化防止策は【角野恵美子議員・公明党】
質問里山の放置竹林が昨年の湯涌地区における甚大な水害被害の原因の一つとも言われているが、本市の竹林拡大防止の取り組みとその進捗状況を聞く。

荒廃竹林の整備
答弁本市の竹林面積659ヘクタールのうち、約460ヘクタールが放置されている。このことから、平成19年度に民有林再生支援事業を創設し、荒廃竹林から健全な里山林への転換を進め、平成20年度末までに約25ヘクタールを整備した。このほか、市民や企業の自主的な竹林整備の取り組みに対し、森づくり専門員の派遣などの支援を行っている。(農林部長) 
▲TOPへ
 
新規就農者への支援制度充実を【大桑進議員・日本共産党】
質問耕作放棄地の急増など、本市農業は深刻な事態が進み、多くの農家が後継者不足に苦しむ中、新規就農者に対し、生活支援を含めた就農者支援制度が必要と考えるが、所見を聞く。
答弁本市では、農業大学校の修了生など新規就農者の負担軽減を図るため、農地の借り上げや土地基盤整備など、初期投資への補助を行っており、現在のところ、生活支援までの制度拡大は考えていない。(市長) 
▲TOPへ
戻る
より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。