本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市議会の中のかなざわ市議会だよりから市長の施政方針
印刷用ページを表示する

 市長の施政方針(要旨)

市民との協働を進めるためにも、市政情報の発信が極めて重要であることから、広報体制の見直しに鋭意取り組んでおり、まずは1月から、リニューアルしたホームページの運用を開始したい。
地域経済を活性化するためには、ものづくり基盤の強化が欠かせないことから、新製品の開発や販路開拓への支援による新産業の育成及び河原市流通工業団地(仮称)の計画的な整備に向けた準備等に努めてきた。 また、東京事務所内に設置した金沢営業戦略室による企業誘致の第1号として、住宅関連会社の金沢支店が10月に開設されたことを機に、さらなる企業誘致活動に取り組んでいきたい。
市民協働のまちづくりを進め、より一層の市民感覚を行政に取り入れることが必要である。ポイ捨て防止や喫煙マナーの向上を図るための条例の制定に向けて、鋭意作業を進めているほか、まちなか学生交流街の拠点施設の整備については、平成24 年秋の開館を目指し、工事に着手するとともに、10月に運営準備会を立ち上げ、市民との協働による運営方法を検討している。
我が国の総人口が初めて減少する中、本市の人口は着実に増加しており、これまでの取り組みが一定の効果を挙げているものと考えている。こうした流れを確実なものとするためにも、定住促進制度を充実させ、その活用を促していきたい。
明年度から、中学校の新学習指導要領が実施されることから、1月にも今後の教育課程の骨子となる「金沢スタンダード・ベーシックカリキュラム」を各学校に提示したいと考えており、特色ある教育の実践と学力の向上を期していきたい。

戻る
より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。