本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市議会の中のかなざわ市議会だよりから予算と暮らし
印刷用ページを表示する

 予算と暮らし

公共事業費の維持を【福田太郎議員・自民党】
駅西・臨海地域のバス路線延伸の考えは【小林誠議員・金沢保守】
自転車安全走行基盤の整備を【角野恵美子議員・公明党】
固定資産税の引き下げを【升きよみ議員・日本共産党】
工芸発展のための施策は【玉野道議員・清風金沢】
スーパー公務員養成塾の開講を【高岩勝人議員・自民党】
民間出身副市長の登用の意向は【長坂星児議員・金沢保守】
LRT導入の本格的な検討を【森一敏議員・みらい】
観光施策の広がりを【宮崎雅人議員・自民党】
  
公共事業費の維持を【福田太郎議員・自民党】
質問来年度予算編成において、公共事業費は、今年度の90%以内とすると聞く。景気が不安定な時こそ公共事業費を一律カットすべきではないと思うが、要求基準の考えを聞く。
答弁重要既定計画事業や重点施策などは、必要額の要求を認めており、それら事業以外について工夫を凝らすよう要請した。若干規模は小さくなるが、極端に減少することはなく、中核市平均を上回る事業規模は確保したい。(市長)
▲TOPへ
  
駅西・臨海地域のバス路線延伸の考えは【小林誠議員・金沢保守】
質問本市と北陸鉄道で行った海側幹線バス運行実験を踏まえ、駅西・臨海地域における住民ニーズをどのように把握したのか。既存のバス路線延伸への考えとあわせて聞く。
答弁アンケート調査から、金沢駅へのアクセスの要望が多いと把握しており、詳細なニーズの把握等の調査をもう一度実施した上で、既存バス路線の延伸も含め、公共交通の利便性が高まるよう検討していきたい。(市長)
▲TOPへ
  
自転車安全走行基盤の整備を【角野恵美子議員・公明党】
質問車と自転車、歩行者が共存できる交通環境を地域ぐるみで考えていくことが必要と思うが、自転車が安全に走行できる基盤整備にどのように取り組むのか。

自転車走行指導帯
答弁車道に自転車の走行位置を表示した指導帯を設けることとしており、今年度は中央小学校周辺で実施した。引き続き、計画的に整備を進めていきたい。(市長)
▲TOPへ
  
固定資産税の引き下げを【升きよみ議員・日本共産党】
質問負担感が強く、評価方式について不満が多い固定資産税について、来年度の評価替えにあわせて市長の選挙公約どおり見直しを実施すべきではないか。
答弁本市独自での見直しについては、国の税制改革全体の動向を踏まえながら、引き続き研究していくことが必要と考えている。(市長)
▲TOPへ
  
工芸発展のための施策は【玉野道議員・清風金沢】
質問ユネスコ創造都市ネットワーク会議の開催に向け、本市の工芸を発展させるため、今後、どのようなネットワークを構築し、施策を展開していくのか。
答弁これまでもフォーラム等での創造都市間相互の連携や作家の派遣、受け入れを進めてきた。今後、こうして築き上げたネットワークを生かし、本市の工芸の質を高めるとともに、販路を拡大していきたい。(市長)
▲TOPへ
  
スーパー公務員養成塾の開講を【高岩勝人議員・自民党】
質問みずから志を持ち、前例にとらわれず、新しいことであっても憶することなく取り組む21世紀型公務員を養成するスーパー公務員養成塾を開講してはどうか。
答弁スーパー公務員養成塾については以前から関心を持っており、今後は失敗を恐れず課題を解決できる職員の育成が必要であることから、職員研修の中で考えていきたい。(市長)
▲TOPへ
  
民間出身副市長の登用の意向は【長坂星児議員・金沢保守】
質問総務省から来ている副市長の任期がこの3月で終わる予定だが、引き続き総務省に要請するのか、それとも民間出身者を登用するのか。
答弁中央省庁との人事交流は一定の成果があるが、地方分権時代にあって、さまざまな工夫を凝らしながらの人事配置も大切と認識している。いずれにせよ、来年度予算編成に全力を注いでいるところであり、副市長人事については今後慎重に検討していく。(市長)
▲TOPへ
  
LRT導入の本格的な検討を【森一敏議員・みらい】
質問市民団体で気運が高まっているLRTについて、北陸鉄道石川線からまちなかに延伸させるなど、地域住民交通政策運動として本格的な検討に入ることを提案するが、所見を聞く。
答弁LRT導入の実現には多くの課題があるため、国の支援制度拡充の要望や、走行空間確保のための実験を行っている。まずはLRTを含め、新交通システム導入に向けた課題整理を着実に進めたい。(市長)
▲TOPへ
  
観光施策の広がりを【宮崎雅人議員・自民党】
質問歴史都市の本市には、未開の資源が豊富にあり新たな観光ルートの開拓やタクシー業界の質を向上させることが必要と考えるが、市長の考えを聞く。
答弁新たな観光ルートの開拓は重要であり、タクシーも大切なファクターと考える。現在、タクシー事業者が観光ガイドタクシー乗務員の養成を進めている。今後、さらなる観光施策の広がりに向けて、交通事業者と宿泊事業者の連携を促す取り組みを検討していきたい。(市長)
▲TOPへ

戻る 
より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。