本文へジャンプ

まちづくり

家屋の耐震診断補助制度の周知を【角野恵美子議員・公明党】
電磁波防止対策は【森一敏議員・社民】
道路などのインフラ点検に地元の民間活力を【安居知世議員・自由民主党】
辰巳ダムの建設中止を【升きよみ議員・日本共産党】
JT金沢工場閉鎖の影響は【玉野道議員・自民】
自転車の通行環境整備についての市の考えは【山野之義議員・自由民主党】
 
家屋の耐震診断補助制度の周知を【角野恵美子議員・公明党】
質問 耐震診断補助制度について知らない人が多い。今年度から高齢者などの低所得者世帯への補助の新設や、一般世帯への補助率拡大を行ったが、制度の周知方法や今後の取り組みについて聞く。
答弁 今後、出前講座などで広く周知を図るとともに、特に住宅改修の福祉サービスを受けることができる高齢者などの低所得者世帯の方に、耐震化の必要性や補助制度の説明を行い、利用促進に取り組みたい。(都市整備局長)
▲topへ
 
電磁波防止対策は【森一敏議員・社民】
質問 本市の景観政策としての無電柱化事業は、電線からの電磁波漏えいを抑える効果があるが、地表に設置している変圧器からは、常時電磁波が放出されており、そのわきを行き交う通行者への対策を講じる必要があるのではないか。
答弁 変圧器から出る電磁波は低レベルであり、電力会社からは、人体に影響がないと聞いている。このため、対策を講じる考えはないが、今後、国や関係機関の動向を注視していきたい。(土木部長)
▲topへ
 
道路などのインフラ点検に地元の民間活力を【安居知世議員・自由民主党】
質問 道路や標識、橋梁等、膨大なインフラを市独自で点検管理することは不可能に近い。日常的な維持管理や緊急修繕については、地元の民間活力を生かすような仕組みを考えてはどうか。
答弁 道路の補修や標識の修繕については、これまでも現場に詳しい地元業者で対応しており、今後、簡易な施設に関しては、目視などの日常管理を含めた維持補修体制について、民間の力を生かした仕組みづくりを研究していきたい。 (土木部長)
▲topへ
 
辰巳ダムの建設中止を【升きよみ議員・日本共産党】
質問 辰巳ダム建設によりダム湖が及ぶ鴛原地区の斜面一帯は地すべり地帯のため、土砂崩落などの不安があり、建設をやめるべきではないか。
答弁 国がダム事業を認可する際、基本設計会議の専門家等による十分な調査検討を行い、地すべりは発生しないと判断されている。また、市民が安全に暮らすための洪水対策として必要不可欠な施設であり、早期の完成を望んでいる。(須野原副市長)
▲topへ
 
JT金沢工場閉鎖の影響は【玉野道議員・自民】
質問 JR西金沢駅周辺整備計画は3月に都市計画決定がされたが、4月に日本たばこ産業がJT金沢工場の2009年3月末での閉鎖を発表した。工場閉鎖に伴い、この整備計画はどのような影響を受けるのか。
答弁 現在の整備計画は、JT金沢工場が継続して操業する意向を踏まえて決定したものであり、前提条件が変われば計画の一部見直しも必要になる。北陸新幹線金沢開業が控えているので、関係者との調整、協議など早急に対応したい。(須野原副市長)
▲topへ
 
自転車の通行環境整備についての市の考えは【山野之義議員・自由民主党】
質問 6月1日の改正道路交通法施行とともに、警察庁は自転車通行環境の整備を実施するとしているが、本市も道路管理の一端を担っていることから、基本的な考えを聞く。

国道における自転車通行帯(東山地内)
答弁 自転車は環境に優しい交通手段であり、利用を促進すべきと考えている。しかし、本市の道路は道幅が狭く、道路拡幅も困難なことから、現状の道路内で安全に自転車が通行できる方法等について調査・研究していきたい。(土木部長)
▲topへ

戻る