本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市議会の中のかなざわ市議会だよりから予算と暮らし
印刷用ページを表示する

道路特定財源暫定税率に対する考えは【横越徹議員・自由民主党】
駅西地区の公共交通充実を【小林誠議員・市民】
広坂合同庁舎の現在地での建てかえを【安居知世議員・自由民主党】
市制120周年事業の開催を【川裕一郎議員・市民】
減免制度の改善を【升きよみ議員・日本共産党】
地域のまちづくりに支援を【下沢広伸議員・自由民主党】

 
道路特定財源暫定税率に対する考えは【横越徹議員・自由民主党】
質問 我々が終始一貫して必要性と継続を強く訴えてきた暫定税率が、3月末で一たん期限切れとなったため、既に決定済みの地方自治体の予算執行を揺るがすことになった。今回の一連の経過に対する市長の考えを聞く。
答弁 暫定として、税率が34年間据え置いた国の責任は軽くはないと考えている。暫定税率失効期間中の減収分は、地方の財政運営に支障のないよう、国の責任において確実に財源措置がなされるようお願いしていく。(市長)
▲topへ
 
駅西地区の公共交通充実を【小林誠議員・市民】
質問 金沢・釜山国際定期フェリーが就航したが、外国人観光客が金沢港におり立ち、市内観光をするためには、金沢港から金沢駅へのアクセス向上など駅西地区の公共交通充実に向けた取り組みが必要ではないか。

金沢・釜山国際定期フェリー就航
答弁 まちづくり検討会の中で、港から金沢駅に至る公共交通のあり方についても検討を深めていくことになるが、今後、国際定期フェリーの就航状況等も踏まえ、バスの増設や新たなバス路線の開設などについて検討していきたい。(市長)
▲topへ
 
広坂合同庁舎の現在地での建てかえを【安居知世議員・自由民主党】
質問 広坂合同庁舎の敷地を中央公園と一体の緑地とする計画があるが、市民への開放スペースや、建築美で人を呼ぶような建物をつくり、まちなかの活性化につなげてはどうか。
答弁 既に活用方針が示されている県庁跡地との一体的な整備が望ましいと思っており、そうした整備を進めることが、まちの風格・品格・ゆとりをつくり、高めることになり、まちのにぎわいにも資していくと考えている。(市長)
▲topへ
 
市制120周年事業の開催を【川裕一郎議員・市民】
質問 本市は明年、市制120周年を迎えるが、この節目の年に金沢市勢発展と成長の過程をいま一度振り返り、本市のこれからを考えることが必要と考えるが、市制120周年事業開催についての所見を聞く。
答弁 歴史の過程で一つ一つ区切りをつけ、節目ごとに来し方を振り返って行く末を思うことは大事である。庁内にチームをつくり、年内をめどに事業を考えて、来年度予算編成の中で具体的に詰めていきたい。(市長)
▲topへ
 
減免制度の改善を【升きよみ議員・日本共産党】
質問 市税賦課徴収条例に定める減免対象者について、就学援助や児童扶養手当の受給者も対象にするなど、範囲を広げるべきではないか。また、上下水道使用料について、生活保護受給世帯を含め、低所得者世帯にも減免制度を拡充できないか。
答弁 市税賦課徴収条例に定める減免の適用は、厳正かつ公平に、個々の事情を踏まえ、適切な対応に心がけていきたい。(市長)
上下水道使用料の減免制度拡充は、受益者負担を原則とする上下水道事業においては、負担の公平性を欠き、適切ではないと考えている。(公営企業管理者)
▲topへ
 
地域のまちづくりに支援を【下沢広伸議員・自由民主党】
質問 粟崎において、北前船豪商の木谷(木屋)藤右衛門の功績を未来に伝えることを通し、歴史・文化を生かしたまちづくりを推進したいと思うが、市で支援できないか。
答弁 地域の歴史・文化に親しみ、理解を深めることは、まちづくりを進める上でも大切なことであり、木谷家の関係史料の掘り起こしや、功績を伝えるイベント等の取り組みに対して、専門家を派遣し、技術的な相談や支援をしていきたい。(市長)
▲topへ

戻る
より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。