本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市議会の中のかなざわ市議会だよりからまちづくり
印刷用ページを表示する

 
 まちづくり
合流式下水道区域における管路の整備状況は【玉野道議員・自民党】
大手堀の水質向上を【久保洋子議員・自由民主党】
浸水被害のおそれがある地区への対策は【宮崎雅人議員・自由民主党】
対策が必要な橋の現状は【森尾嘉昭議員・日本共産党】
 
合流式下水道区域における管路の整備状況は【玉野道議員・自民党】
質問都心軸の合流式下水道は、建設から50年近く経過しており、浸水対策や公衆衛生の面から管路補修・改善が必要と考えるが、現状と対策を聞く。
答弁主要な汚水幹線や雨水増補管の整備を終え、現在、雨水貯留施設の建設に着手している。また、老朽化した本管の長寿命化工事は今年度中に完了予定である。今後も、財源を確保しながら、整備事業を推進していきたい。(公営企業管理者)
▲TOPへ
 
大手堀の水質向上を【久保洋子議員・自由民主党】
質問ことし7月に行われた大手堀のしゅんせつ作業により、どの程度水の透視度は改善したのか。また、バクテリアの分解効果を利用した水質浄化システムなど、新たな改善策を行う考えはないか。
答弁透視度が11センチから17センチに改善し、一定の成果が得られたと考えている。今後、バクテリアの分解効果を利用した浄化システムなどの手法も含め、専門家の意見を聞きながら、新たな改善策を検討していきたい。(都市整備局長)
▲TOPへ
 
浸水被害のおそれがある地区への対策は【宮崎雅人議員・自由民主党】
質問ことしは頻繁に日本海沿岸で高潮注意報が発表されている中、潮位が高くなると、流入河川の水位が上がり、低地の粟崎や金石地区において浸水被害のおそれがあるが、対策を聞く。
答弁浸水被害が想定される場合、パトロール等により状況を把握し、土のう積みや仮設ポンプでの排水等、迅速かつ適切な措置を講じることとしている。また、浸水対策調査の成果をもとに、排水ポンプの設置等、抜本的な対策を検討していきたい。
(土木部長)
▲TOPへ
 
対策が必要な橋の現状は【森尾嘉昭議員・日本共産党】
質問設置後相当期間が経過した中島大橋と乙丸跨線橋は、老朽化していることに加え、前後の道路幅員に比べて狭小なことから、市から県に対して改善を要望しているが、どのような回答を得ているのか。
中島大橋中島大橋
答弁いずれも、金沢開発協議会や市長会を通じ、県に対策を要望している。中島大橋については将来的にかけかえる必要があり、乙丸跨線橋については周辺の道路整備を踏まえて総合的に検討すると聞いている。
(土木部長)
▲TOPへ
戻る
より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。