本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市議会の中のかなざわ市議会だよりからまちづくり
印刷用ページを表示する

 
まちづくり

住宅リフォームにも助成制度を【森尾嘉昭議員・日本共産党】
新幹線金沢開業を控えたハード整備の現況は【宮保喜一議員・自由民主党】
乙丸跨線橋のかけかえを【森尾嘉昭議員・日本共産党】
住宅リフォームにも助成制度を【森尾嘉昭議員・日本共産党】
質問全国の約200の自治体では、住宅をリフォームした場合に工事費用の一部を助成する制度が導入され、大きな経済効果や新たな雇用拡大につながっている。本市においても、多くの市民が利用できる同様の助成制度を実施する考えはないか。
答弁本市では、他自治体に先駆けて、まちなかの空き家を購入して定住する場合の内部改修を初めとして、目的に応じた幅広い支援を行っており、平成23年度には、まちなかの中古分譲マンションを購入して定住する場合の内部改修に対する助成制度を創設する。これらの支援は、多様な業種への仕事出しや地域経済の活性化にもつながるものであり、現在、質問の趣旨での支援制度は考えていない。(市長)
▲TOPへ
新幹線金沢開業を控えたハード整備の現況は【宮保喜一議員・自由民主党】
質問市長は就任以来、インフラ整備についてあまり触れてこなかったが、新幹線金沢開業を控え、ハード整備は今後、計画的に進められていくのか。特に、金沢駅周辺整備における市長の思いを聞く。
駅西広場完成イメージ
駅西広場完成イメージ
答弁駅西広場については、ことし秋には新バスターミナルを供用開始する予定であり、平成25年度中には再整備を終えたい。駅武蔵北地区第3工区については、ことし9月に施設建築物の建設に着手し、平成25年3月の竣工を目指していく。また、無電柱化を積極的に推進するとともに、海側幹線については、早期供用を目指して着実に事業を進めていきたい。(市長)
▲TOPへ
乙丸跨線橋のかけかえを【森尾嘉昭議員・日本共産党】
質問建設後40年が経過した乙丸跨線橋は、前後の道路幅員に比べて狭小な上、1日当たり3万台を超える車が通行しており、自転車が安全に通行できる状況にない。また、車ではね返った融雪水が、歩道を通学路として利用する児童に降りかかることから、一日も早くかけかえてほしいが、見解を聞く。
乙丸跨線橋
乙丸跨線橋
答弁乙丸跨線橋については、本市としても対策が必要と考えており、管理者である県に対し、毎年、金沢開発協議会や市長会を通じて要望している。県からは、跨線橋の交通量が年々減少しており、周辺の道路整備による変化を見据えた上で検討すると聞いている。今後も地元の意向を踏まえ、県に働きかけていきたい。(市長)
▲TOPへ
戻る
より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。