本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市議会の中のかなざわ市議会だよりから歴史と文化
印刷用ページを表示する

 
歴史と文化

庭園文化を支える仕組みづくりを【玉野道議員・自民党】
歴史都市推進のための財源措置の要望を【宮保喜一議員・自由民主党】
芸術・文化施設のあり方は【粟森慨議員・民主クラブ】
  
庭園文化を支える仕組みづくりを【玉野道議員・自民党】
質問本市には有名な庭園だけではなく、まちなかの伝統的な景観形成区域に庭園が多く存在するが、管理の負担は重いものがある。平成23年度に、大野庄用水と密接にかかわる庭園の詳細な調査が予定されているが、市長は、雪国金沢独自の庭園文化を支える仕組みづくりや、保存についてどのように考えているか。
用水を生かした庭園(西家庭園)
用水を生かした庭園(西家庭園)
答弁平成23年度の調査は、用水と庭園を関連づけた新たな視点から、その価値づけを目指すものであり、金沢独自の庭園文化を継承するため、文化財指定を進めるとともに、修理や管理に必要な支援を行っていきたい。このような歴史文化資産は、本市の貴重な財産であることから、市民との協働による保存・活用の仕組みをさらに検討していきたい。(市長)
▲TOPへ
  
歴史都市推進のための財源措置の要望を【宮保喜一議員・自由民主党】
質問本市は歴史まちづくり法に基づく歴史都市に指定されたが、事業仕分けにより、この法に基づく国の支援制度が廃止された。法の趣旨である固有の文化力の向上、郷土意識の醸成、地域の活性化は、息の長い取り組みが必要なことから、事業の復活や、取り組みを支援する新たな措置を国に求める考えはあるか。
答弁歴史まちづくり法の趣旨を踏まえた、歴史文化遺産を生かしたまちづくりを進める地方公共団体の取り組みが決して後退することのないよう、全国の認定都市とも連携し、財源措置とその充実を国に要望していきたい。(市長)
▲TOPへ
  
芸術・文化施設のあり方は【粟森慨議員・民主クラブ】
質問本市では、今秋開館予定の鈴木大拙館を含めると、23の芸術・文化施設を管理・運営することになるが、施設のあり方や入場者の推移、維持管理費に関しての所見を聞く。また、判定が難しいとされる文化施設の費用対効果や経済効果について検証すべきではないか。
答弁芸術・文化施設の運営は、数値だけでは把握できない、未来への投資の側面もあるが、常に効率的な維持管理を心がけるとともに、魅力ある展示に努め、市内外からの入場者をふやしていくことが大切だと考えている。指摘の検証が実施可能かどうかを含め、関係者と相談しながら進めていきたい。(市長)
▲TOPへ
戻る
より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。