本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市議会の中のかなざわ市議会だよりから市長の施政方針
印刷用ページを表示する

 
市長の施政方針(要旨)
◇新幹線開業に向けて、金沢を訪れる観光客やビジネスマン、学生等がさまざまな情報をインターネットで取得し、リアルタイムに国内外に発信できるよう、民間と協力して公衆無線LANの整備を進め、国際会議の誘致や新たなビジネスチャンスにつなげていきたい。また、まちなかのにぎわいを創出する取り組みとして、市庁舎前広場の活用検討懇話会を設置し、広場のあり方を検討していく。
◇ビジネスの最前線で活躍している若手経営者などの専門家をITビジネスプラザ武蔵のベンチャー支援専門員として委嘱し、起業する際のサポート体制を強化するほか、優秀な起業家を発掘するため、ビジネスプランを広く募集して公開プレゼンテーションを実施し、若い人たちが起業に果敢にチャレンジする風土をつくり上げたい。
◇まちの未来を託す子どもたちを育てる上で不安を感じることのないよう、子ども医療費の助成対象を拡充するほか、医師会と連携して受動喫煙防止講座を開催するなど、たばこの煙から子どもを守る取り組みを強化していく。また、支援が必要な子どもたちへの対応については、専門家から成る発達障害児支援チームを教育プラザ富樫に設置してフォロー体制を強化するほか、良好な学習環境を提供できるよう、特別支援教育の指導補助員体制を充実していく。
◇スポーツは、子どもの健全な心と体の育成に資するほか、地域の連帯感を生み、市民生活に活力をもたらすことから、新幹線開業に合わせてシティフルマラソンを開催すべく、検討準備会において課題の整理を進めており、平成23年度には開催準備室を設置し、準備を本格化させたい。また、市民との交流や応援イベントの開催を通じて、地元プロスポーツチームを支援するとともに、城北市民運動公園における施設全体の実施計画策定に着手する。
◇新しい公共の担い手育成と市民協働の市政推進に向けて、市民ブレイン推進室を設置するとともに、公募によるまちづくり企画を市民との協働で行いたい。また、市政情報を積極的に市民に発信するため、広報体制の見直しを検討していく。
◇金沢に生きた多くの先人の足跡や考え方を学ぶことは、子どもたちの将来の糧となることから、偉人に学ぶ体験型学習や調べ学習を授業に取り入れるなど、偉人教育の充実を図っていく。また、読書は、子どもの感性を磨いて創造力を豊かにし、人間形成にも大きな影響を与えることから、小中学校の図書館に司書を配置し、授業での調べ学習に活用するなど、学校図書館の活性化と読書環境の充実を図っていく。

戻る
より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。