本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市議会の中のかなざわ市議会だよりからスポーツと教育
印刷用ページを表示する

 
スポーツと教育

中学校武道必修化の環境整備状況は【中西利雄議員・金沢民主】
学校施設の耐震化促進を【山本由起子議員・社民】
シティフルマラソン開催に向けた意気込みは【小阪栄進議員・市民クラブ】
医王山スキー場の活用を【新村誠一議員・金沢民主】
  
中学校武道必修化の環境整備状況は【中西利雄議員・金沢民主】
質問平成24年度から始まる中学校での武道の必修化に向けて、武道場の整備、地域連携指導実践校の指定、武道講習会の開催などが各地域で取り組まれているが、指導者の育成確保を初め、本市における環境整備の状況を聞く。
答弁柔剣道場のない2校について、柔道用の畳を整備するなど、環境整備に努めている。また、武道の効果的な授業が行えるよう、平成21年度から学校の要望に応じて専門家を派遣するとともに、22年度から実施している指導者講習を23年度も引き続き実施する予定である。(教育長)
▲TOPへ
  
学校施設の耐震化促進を【山本由起子議員・社民】
質問本年2月に発生したニュージーランドにおける地震の惨状を見ると、本市小中学校施設の一日も早い耐震化の完了が望まれるが、現状についての認識と今後の耐震化促進に向けた決意を聞く。
耐震補強された教室(浅野川中学校)
耐震補強された教室(浅野川中学校)
答弁昨年12月の補正予算に加え、今議会においても校舎や体育館の補強工事費を計上しており、これらの工事完了後、耐震化率は75.9パーセントになる。また、平成23年度予算では小中学校4校の耐震補強に係る計画や実施設計費を計上している。児童・生徒が一日の大半を過ごす活動の場であるとともに、非常災害時には地域住民の応急避難場所となる学校施設の耐震化は大変重要であり、国の財源を活用しながら早期に耐震化を進めていく。(教育長)
▲TOPへ
  
シティフルマラソン開催に向けた意気込みは【小阪栄進議員・市民クラブ】
質問金沢シティマラソンについては、開催時期やコース設定などの課題がある中、金沢を国内外にアピールする絶好の機会であり、大きな経済効果も期待できる。しかしながら、第一の開催意義は、多くの市民が健康を志向し、スポーツに取り組むことであると考えるが、市長の開催に向けた意気込みを聞く。
答弁シティフルマラソンを開催する第一の目的は、スポーツを通して市民の健康づくりにつなげることである。加えて、新幹線の開業を見据えて、まちのにぎわいを創出し、金沢をPRする機会になることから、開催の成功がまちの魅力発信の契機になると思っている。今後、検討会において時期やコースなどが具体的に議論されることになる。(市長)
▲TOPへ
医王山スキー場の活用を【新村誠一議員・金沢民主】
質問市内小学校でスキー実習がなくなっているとのことだが、全校が医王山スキー場で実施するように指導できないか。また、スキー場一帯をスポーツ・レクリエーションエリアに再整備する考えはないか、市長の所見を聞く。
答弁医王山スキー場については、先日提言のあったキゴ山一帯に関する「キゴ山ふれあい・賑わい創出プログラム」での具体的な取り組みとも連携を図りながら、四季を通じて活用できないか研究していきたい。(市長)
答弁2小学校のスキー遠足の行き先については、児童の実態や利便性等を考慮し、各学校が決定すべきと考えているが、キゴ山一帯に関するプログラムの活用とあわせて医王山スキー場の利用を呼びかけたい。(教育長)
医王山スキー場
医王山スキー場
▲TOPへ
戻る 
より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。