本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市議会の中のかなざわ市議会だよりからかなざわ市議会だより No250 表紙
印刷用ページを表示する

 
 
 
 
 
かなざわ市議会だより
平成23年(2011年)8月1日
No.250
 
 
 

議会日誌市長の施政方針教育と環境
福祉と健康予算と暮らしまちづくり
防災対策産業と農林6月議会審議結果
6月議会の質問者特別委員会を設置編集後記
バックナンバー  



学校図書館司書と子どもたち(大徳小学校)


平成23年 第2回市議会 定例会

震災復興支援と防災計画の見直しに向けて 

総額12億207万円余の補正予算案を可決

 平成23年の定例第2回市議会が、6月20日から7月1日までの12日間開催されました。
 初日20日には山野市長から、東日本大震災に関する復旧・復興等の支援経費のほか、国庫補助金等を活用した道路、河川などの公共事業費の追加などを主な内容とする総額12億207万4,000円の補正予算案のほか、市長の在任期間について定める「金沢市長の在任期間に関する条例」案や、化学消防ポンプ自動車の財産取得など、議案11件が提案され、市政の概況とともに説明が行われました。
 この中で市長は、「東日本大震災の影響により、景気回復の足取りは弱い動きとなり、依然失業率が高水準にあるなど厳しい状況にある。市政にとって景気・雇用への対応は喫緊の課題であることから、被災者や被災企業への支援を初めとする震災対策経費の追加にあわせ、地域経済の活性化に資する公共事業の追加を今回諮るものであり、今後とも市としてなし得る最善を尽くしていきたい」と述べました。
 27日から29日の3日間にわたる本会議では、19人の議員が質疑や一般質問を活発に行い、30日には5つの常任委員会が開催され、議案の審査などが行われました。
 最終日の7月1日には、討論、採決が行われ、市長提出の議案のうち、金沢市長の在任期間に関する条例案は一部修正(現に職にある者に限定)の上、可決されました。このほかの市長提出の議案各件は、追加提案された人事案件を含め、全会一致をもって、原案のとおり可決、もしくは諮問のとおり答申されました。また、議員提出の議会議案10件は8件が可決、2件が否決され、陳情1件は採択されました。そして議会基本条例の制定に向けて調査・研究・検討を行うための特別委員会が設置され、閉会中も継続して調査することとなりました。
 
より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。