本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市議会の中のかなざわ市議会だよりから教育と環境
印刷用ページを表示する

 教育と環境

小中学校校舎・体育館の耐震化率は【福田太郎議員・自民党】
中学校武道場の整備促進を【福田太郎議員・自民党】
被災した子どもたちの心のケアを【高岩勝人議員・自民党】
危険な踏切の改修を【前誠一議員・自民党】
小学校相撲大会の開催を【高芳晴議員・みらい】
マイクロ水力発電の導入を【山本由起子議員・みらい】
  
小中学校校舎・体育館の耐震化率は【福田太郎議員・自民党】
質問東日本大震災により、現在も学校の体育館などに多くの方が避難しているが、本市の小中学校の校舎・体育館の耐震化率を聞く。
答弁本年度予定されている補強工事が完了すれば、耐震化率は、校舎で74.3%から
77.7%に、体育館では64.5%から73.4%となる。 (教育長)
▲TOPへ
  
中学校武道場の整備促進を【福田太郎議員・自民党】
質問平成24年度から中学校において武道が必修化されるが、改築すべき体育館のうち、武道場がない体育館の改築スケジュールを聞く。
答弁現在柔剣道場がない2校のうち、昭和39年以前に建築された紫錦台中学校体育館については、現在進めている校舎の補強工事が完了次第、できるだけ早く改築について検討していきたい。 (教育長)
▲TOPへ
  
被災した子どもたちの心のケアを【高岩勝人議員・自民党】
質問東日本大震災により被災した子どもたちが負った深い心の傷は、その後の人生に大きく影響することから、心のケアが大切だと思うが、本市として何かできることはないか。
答弁被災地の子どもたちを金沢に招いて、自然などを体験してもらうことは心のケアにとっても有意義な ことであり、夏休みに福島県郡山市の児童、保護者をキゴ山ふれあいの里で受け入れる準備を進めている。 (市長)
▲TOPへ
  
危険な踏切の改修を【前誠一議員・自民党】
質問通学路である塚崎道踏切は、いつ事故が起きてもおかしくない危険な状況にあり、早急な改修が必要と思うが、どのように考えているか。

塚崎道踏切
答弁塚崎道踏切は、森本小学校、森本中学校の通学路に指定されており、登下校の安全を確保するため地元の方々に見守ってもらっている。引き続き鉄道事業者に対して改修を要望していきたい。(教育長)
▲TOPへ
  
小学校相撲大会の開催を【高芳晴議員・みらい】
質問ことし、第1回全国大学選抜相撲金沢大会が開催されるが、本市での全国大会の継続的開催に向け、アマチュア相撲の振興を図るため、金沢市小学校相撲大会の開催を検討できないか。
答弁市として開催することは現在のところ考えていないが、まずは金沢市相撲連盟などが開催している大会への子どもたちの関心が高まり、参加する児童がふえることを願っている。 (市長)
▲TOPへ
  
マイクロ水力発電の導入を【山本由起子議員・みらい】
質問再生可能エネルギー利用推進の観点から、小規模で、用水などに設置できるマイクロ水力発電の導入を本格的に検討してはどうか。
答弁年間を通じての安定的な水量の確保や騒音などさまざまな課題があるため、昨年度から専門部会で検討を進めており、今年度は先進事例の現地調査や、市内における適地調査を進めることとしている。(市長)
▲TOPへ

戻る 
より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。