本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市議会の中のかなざわ市議会だよりから産業と農林
印刷用ページを表示する

 産業と農林

環境配慮型産業に支援を【玉野道議員・清風金沢】
周辺観光地との連携の取り組みは【角野恵美子議員・公明党】
水力発電事業を拡大する考えは【升きよみ議員・日本共産党】
MICEの積極誘致を【麦田徹議員・みらい】
にし茶屋街周辺の 市街地商店街活性化策は【喜多浩一議員・清風金沢】
クック・イット・ロー開催の効果は【高岩勝人議員・自民党】
中山間地域の活性化策は【前誠一議員・自民党】
地籍調査の実施を【宮崎雅人議員・自民党】
  
環境配慮型産業に支援を【玉野道議員・清風金沢】
質問原発事故発生以降、環境配慮型のライフスタイルの構築が求められていることから、関連産業の育成支援などが必要と考えるが、所見を聞く。
答弁環境分野を今後の成長分野の一つと位置づけ、新技術開発に重点的に支援を行っており、今後は、再生可能エネルギー等の導入支援制度の拡充や技術開発支援の強化について検討したい。(市長)
▲TOPへ
  
周辺観光地との連携の取り組みは【角野恵美子議員・公明党】
質問東日本大震災の影響で落ち込んだ観光客を呼び戻すことは急務だが、広域観光を視野に、周辺観光地との連携について、本市ではどのように取り組むのか。
答弁県内自治体や観光業界と連携した活動のほか、石川・富山・福井・岐阜の4県で組織する広域観光推進協議会に参画し、広域観 光マップを作成するなど、周辺観光地との連携を図っており、さらにこうした活動を強化していきたい。(市長)
▲TOPへ
  
水力発電事業を拡大する考えは【升きよみ議員・日本共産党】
質問東日本大震災によって発生した福島原発事故を受け、自然エネルギーの本格導入を進める観点から、本市水力発電所の機能強化を図る考えはないか。
答弁新たな水力発電所については、莫大な投資を要することなどから断念した経緯があるが、小水力発電については、末浄水場において稼働に向け工事を行っているほか、下水処理水や用水での可能性調査の検討を始めたところである。 (市長)
▲TOPへ
  
MICEの積極誘致を【麦田徹議員・みらい】
質問文化都市金沢は、MICEの誘致に積極的に取り組むべきであり、そのための組織体制の充実と、認知度を高める戦略を確立すべきと思うが市長の考えを聞く。
答弁新幹線開業を見据え、一層強化すべき分野と認識している。現在実施している「金沢市MICE誘致戦略策定調査事業」において、さまざまな観点から調査し、その 結果を踏まえて、より効果的な誘致活動を展開していきたい。(市長)
 
MICE(マイス)
多くの人が動くビジネスイベントである会議、視察、学会・大会、見本市・展覧会を意味する英単語の頭文字を組み合わせた造語。
▲TOPへ
  
にし茶屋街周辺の 市街地商店街活性化策は【喜多浩一議員・清風金沢】
質問犀川大橋から広小路にかけての瓶割坂通り商店街は道路が拡幅整備され歩行空間もできたが、近隣のにし茶屋街周辺の商店街は活力が低下している状況について、市長の見解を聞く。

瓶割坂通り商店街
答弁これまでも市街地商店街には空き店舗対策事業や活性化アド バイザーの派遣等の施策を展開しており、加えてにし茶屋街周辺では、寺町台の回遊性向上の検討とともに、県と連携して西インター大通りの無電柱化を進めている。(市長)
▲TOPへ
  
クック・イット・ロー開催の効果は【高岩勝人議員・自民党】
質問世界有数の食のイベントであるクック・イット・ローが日本で初めて本市を中心に石川県で開催されるに至った経緯と、本市にとって期待される効果を聞く。
答弁食材のみならず薫り高い伝統文化が高く評価され、日本人唯一の参加者により、開催推薦を受けたものである。イベントには国際的ジャーナリストが多数帯同することから、本市の魅力を世界に発信する絶好の機会と考えている。(市長)
▲TOPへ
  
中山間地域の活性化策は【前誠一議員・自民党】
質問本市の中山間地域の耕作放棄地は拡大しており、このまま放置すれば本来農業が持つ自然環境を守る役割も果たせなくなることから、対策が必要と考えるが、所見を聞く。
答弁中山間地保全の必要性は十分認識しており、これまで進めてきた支援制度を引き続き実施するとともに、今年度からモデル集落を選定して集落診断を行い、地域に応じた活性化策を検討していきたい。(市長)
▲TOPへ
  
地籍調査の実施を【宮崎雅人議員・自民党】
質問まち全体が跡形もなくなってしまう災害では、早期復興に当たって地籍調査の果たす役割が大きいが、本市の調査進捗率は全国平均を大きく下回っている。今後どのように取り組むのか聞く。
答弁市民に地籍調査の必要性を周知して実施の気運を高めるほか、昨年度、民間開発事業者向けに創設さ れた国の補助制度の活用を促すなど、着実な推進を図りたい。(市長)
▲TOPへ

戻る 
 
より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。