本文へジャンプ
 
まちづくり

城北市民運動公園プール建設に利用者の声の反映を【升きよみ議員・日本共産党】
橋梁の点検率と長寿命化の財源は【源野和清議員・公明党】
局地的集中豪雨による土砂災害への備えは【高芳晴議員・みらい】
独自の雪対策の紹介を【広田美代議員・日本共産党】
城北市民運動公園プール建設に利用者の声の反映を【升きよみ議員・日本共産党】
質問先般、城北市民運動公園プール施設建設工事の基本設計の業者が決定した。その選定過程では、競技団体の代表も参加しているが、今後の設計に当たっては、選手やコーチを含めた利用者、市民の意見が十分反映される仕組みが必要と考える。市長の所見を聞く。
城北市民運動公園屋内プール整備後のイメージ図
城北市民運動公園屋内プール整備後のイメージ図
答弁プールは多くの市民に利用してほしいと考えており、基本設計の中でも、だれもが快適に利用できる施設となるよう考えていきたい。また、市民の意見も、今後、機会をとらえて広く聞いていきたい。(市長)
▲TOPへ
橋梁の点検率と長寿命化の財源は【源野和清議員・公明党】
質問本市が管理する橋長15メートル以上の橋梁点検の進捗状況は、中核市で下位に位置しているが、本市の橋梁点検の完了時期と長寿命化の財源確保の見通しを聞く。
橋梁点検研修の様子
橋梁点検研修の様子
答弁橋長15メートル以上の橋梁232橋については、今年度中にすべて点検を行い、長寿命化計画を策定する予定である。財源の確保については、橋梁の更新等のための事業費を中期財政計画に盛り込むほか、長寿命化計画に基づき国庫補助金が引き続き確保される見込みである。今後とも計画的な更新を心がけたい。(市長)
▲TOPへ
局地的集中豪雨による土砂災害への備えは【高芳晴議員・みらい】
質問土砂災害を未然に防ぐため、ソフト面の対策として土砂災害避難地図作成事業を行っているが、地図の配布と周知の状況を聞く。
答弁土砂災害避難地図は、市内の28地区を対象に、防災意識の向上や早期避難を目的に作成している。これまで12地区への配布を完了し、平成27年度までに全地区への配布を完了する予定である。また、全世帯への配布にあわせ、地元説明会の開催やホームページへの掲載などにより周知を図るほか、避難体制の強化に向けて土砂災害避難訓練や防災講習会を実施している。(土木局長)
▲TOPへ
独自の雪対策の紹介を【広田美代議員・日本共産党】
質問金沢では何十年も前から地域独自で雪対策の工夫をしており、扇町の消雪装置は県外から視察が来るほどである。技術や町会での管理手法、長年培ってきた経験を研究し、地域への積極的な普及に取り組むべきではないか。
答弁用水等の金沢の特性を生かした消融雪等の雪対策に取り組んでいる地域に対しては、技術的指導や財政的支援を行っているところだが、今後これらの先進的な取り組みの情報を改めて収集し、ホームページ等で広く紹介することを検討したい。(市長)
▲TOPへ
 
戻る