本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市議会の中のかなざわ市議会だよりから災害廃棄物の受け入れ
印刷用ページを表示する

 
災害廃棄物の受け入れ

災害廃棄物受け入れに対する市長の心境は【田中展郎議員・自民党】
「災害廃棄物受入れ可能性検討会」での議論の主な内容は【粟森慨議員・みらい】
災害廃棄物受け入れ説明会での市民からの意見は【小阪栄進議員・自民・清風】
受け入れる災害廃棄物はなぜ漁具・漁網なのか【松村理治議員・金沢保守】
受け入れる災害廃棄物は安全か【升きよみ議員・日本共産党】
漁具・漁網の受け入れに当たって戸室新保埋立場の安全対策は【森尾嘉昭議員・日本共産党】
災害廃棄物受け入れに対する市長の心境は【田中展郎議員・自民党】
質問3月議会で受け入れの可否を検討するための調査費を計上して半年が経過し、ようやくここまで来たという感があるが、市長の現在の心境を聞く。
答弁災害廃棄物の受け入れについては、「災害廃棄物受入れ可能性検討会」において、科学的知見から安全についての評価は得られていると思っている。今後は、市民に安心してもらえるよう真摯に謙虚に慎重に説明を重ねることが欠かせないと思っている。受け入れに理解が得られるよう努力していきたい。(市長)
▲TOPへ
「災害廃棄物受入れ可能性検討会」での議論の主な内容は【粟森慨議員・みらい】
質問検討会では、災害廃棄物について、科学的・専門的見地から、受け入れ可能性を調査研究したとのことだが、非公開で行われたため、受け入れの方針に至った過程がわかりにくい。そこで、議論の主な内容を聞く。
答弁検討会では、放射線量の安全基準を慎重に評価し、現地調査を経て、宮古市の災害廃棄物が放射能濃度、放射線量ともに安全性に全く問題のないレベルであることを確認した。さらに市民の安心のため、放射線量を常時監視し、測定データを適切に情報公開することなど安全が見えることが重要との意見が出された。(環境局長)
▲TOPへ
災害廃棄物受け入れ説明会での市民からの意見は【小阪栄進議員・自民・清風】
質問本市は科学的見地から安全性を確認し、宮古市の漁具・漁網を戸室新保埋立場に受け入れたいと表明した。埋立場周辺の住民や町会連合会、一般市民に対して説明会を開催したが、出席者の意見はどのようなものだったのか。
答弁放射線に対する不安や風評被害を心配する意見、安全性や広域処理の必要性についての意見が寄せられたほか、安全が確認されるのであれば積極的に協力すべきという意見もあった。また、受け入れに際しての監視体制や測定方法などについても、貴重な意見を伺うことができた。(市長)
▲TOPへ
受け入れる災害廃棄物はなぜ漁具・漁網なのか【松村理治議員・金沢保守】
質問8月に市長から、市議会全員協議会において、専門家による検討会で安全性が確保されたことを踏まえ、災害廃棄物受け入れに関する基本方針が示されたが、受け入れ対象を漁具・漁網としたのはなぜか。
答弁漁具・漁網の処理については、いまだ見通しが立たず、被災地から特に困っている状況であると聞いており、環境省や岩手県からも具体的な受け入れの要請があったものである。これらを踏まえ、本市検討会の現地調査等で安全性が確認されたことから、漁具・漁網に絞り受け入れたいと考えている。(市長)
▲TOPへ
受け入れる災害廃棄物は安全か【升きよみ議員・日本共産党】
質問本市は、宮古市の漁具・漁網を受け入れる方針を明らかにした。市長はこれまでの説明会で放射性物質を受け入れるものではないと言っているが、安全性の指標となる放射線量の数値等の情報に対し、市民には不信感がある。未来にわたって安全であると、責任をもって断言できるのか。
答弁今回受け入れる災害廃棄物は、国の科学的知見だけではなく、本市でも専門家による検証を行っており、安全性は十分確保されている。また、設定した受け入れ基準に関しても放射線物質として扱う必要のないレベルとしており、安全性に全く問題はなく、健康被害等も発生しないと考えている。(市長)
▲TOPへ
 
漁具・漁網の受け入れに当たって戸室新保埋立場の安全対策は【森尾嘉昭議員・日本共産党】
質問宮古市の漁具・漁網を戸室新保埋立場に埋めるとの方針が出されたが、放射性セシウムなどが流れ出ない確実な対策がなされるのか。
答弁漁具・漁網については、通常の埋立処分でも科学的に問題ないが、従来からの50センチメートルの覆土層にさらに1メートルの覆土層を設けるほか、監視体制を強化するなど対策を講じることとしており、放射性セシウムが流れ出ることはあり得ない。市民に安心してもらえるよう説明を重ねていきたい。(市長)
▲TOPへ
戻る
より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。