本文へジャンプ
 
福祉と健康

要介護者への紙おむつの支給方法の改善を【秋島太議員・公明党】
国民健康保険料の独自減免制度の充実を【森尾嘉昭議員・日本共産党】
金沢マラソンへの市民のかかわり方は【麦田徹議員・みらい】
金沢マラソン基本計画の内容は【小阪栄進議員・清風金沢】
生活保護基準引き下げに伴う他制度への影響は【広田美代議員・日本共産党】
就労支援事業所等への発注拡大に向けた仲介を【粟森慨議員・みらい】
市立病院の経営形態変更後のチェック体制は【升きよみ議員・日本共産党】
 
要介護者への紙おむつの支給方法の改善を【秋島太議員・公明党】
質問本市では、在宅で介護を必要とする高齢者で一定の要件を満たす方に紙おむつを支給しているが、種類等の選択の範囲が限られている。要介護者本人のためになる支給方法に変更する考えはないか。
答弁紙おむつ支給事業の開始から30年以上経過し、社会情勢の変化や市民ニーズの多様化に対応した見直しが必要であり、平成25年度からの長寿安心プランの改定作業の中でニーズ調査を実施し、抜本的な見直しを検討したい。(市長)
▲TOPへ
 
国民健康保険料の独自減免制度の充実を【森尾嘉昭議員・日本共産党】
質問国民健康保険料の計算方式が旧ただし書き方式に変更となることにより、保険料が大幅に増額となる。本市は激変緩和措置をとるが、より踏み込んだ独自減免制度の充実を行わないのか。
答弁保険料の減免は、減免取扱要綱に基づき、廃業や疾病など、個々の実情を考慮して公平かつ適正な取り扱いを行っている。また、低所得者層に対する保険料の軽減は、国の制度で適切に対応しており、市独自の減免基準の拡充は考えていない。(市長)
▲TOPへ
 
金沢マラソンへの市民のかかわり方は【麦田徹議員・みらい】
質問金沢マラソンの実施に当たり、生活道路では沿道の住民の理解が必要であり、日常的な景色のコースでは大会を盛り上げるため沿道での応援が必要と考えるが、どのように市民の理解を得るのか。
金沢マラソンへの市民のかかわり方は
答弁市広報や新聞、テレビでのPRのほか、沿道の市民や企業等を対象に説明会を実施し、マラソンへの理解を得るとともに、沿道の市民や学生に協力を依頼し、にぎやかにランナーを応援してもらいたいと考えている。(市長)
▲TOPへ
 
金沢マラソン基本計画の内容は【小阪栄進議員・清風金沢】
質問これまでに、大会名や開催日、制限時間、参加人数などが決定しているが、先般の検討委員会で策定された基本計画の具体的な内容を聞く。
答弁基本計画では、スタート時間は午前9時、参加ランナーの申し込みが定員を超えた場合は抽選方式とすることとした。また、姉妹都市などの国外参加者や石川県内に長期宿泊する方に優先出場権を付与することなどが決定した。(市長)
▲TOPへ
 
生活保護基準引き下げに伴う他制度への影響は【広田美代議員・日本共産党】
質問国は、生活保護基準を8月から最大10パーセント引き下げる一方、就学援助など他の制度へできる限り影響が及ばないよう対応するとしている。地方においては各自治体で判断するとのことだが、本市の対応を聞く。
答弁国から詳細が示されていないため、影響がどこまで及ぶか明らかではないが、可能な限り市民生活に影響を及ぼすことがないよう配慮しながら適切に対応したい。(市長)
▲TOPへ
 
就労支援事業所等への発注拡大に向けた仲介を【粟森慨議員・みらい】
質問障害のある方の就労機会の拡大に向け、民間企業から就労支援事業所等への発注を拡大するため、本市が仲介役となり仕事をあっせんする体制を構築してはどうか。
答弁これまでも、本市が仲介者となり、企業の仕事の発注を就労支援事業所等につなげたことはある。有効な支援策であることから、今後、障害者雇用促進連絡会等において、積極的に企業と就労支援事業所等をつなぐ方策を検討したい。(市長)
▲TOPへ
 
市立病院の経営形態変更後のチェック体制は【升きよみ議員・日本共産党】
質問4月からの市立病院の経営形態の変更により、新たに任命する病院事業管理者に人事・財務の権限が付与される。第三者によるチェック体制が必要と考えるが、所見を聞く。
答弁定期的に外部評価を受けるほか、引き続き監査委員による監査を受け、また包括外部監査の対象にもなるので、第三者によるチェック体制は十分に機能すると考えている。(市立病院事務局長)
▲TOPへ
 
戻る