本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市議会の中のかなざわ市議会だよりからNo257 市長の施政方針
印刷用ページを表示する

 
市長の施政方針(要旨)

◇北陸新幹線の開業が2年後に迫る今、交流の拡大に向けて大きなチャンスが訪れていることから、これまで培われた金沢のストックを最大限に活用し、発信することにより、国内外から人・モノ・情報の集積を図るとともに、その交流を通じて新たな価値を創造し、持続的なまちの発展につなげたいと考えており、チャンスがあふれる「世界の交流拠点都市」を新たな都市像とし、その実現に取り組んでいきたい。
◇北陸新幹線の金沢開業に向けた最終準備に万全を期すため、首都圏側と金沢側の両方から誘客を促進するための「新幹線開業プロモーション・イベント実施計画」の策定を終えたところであり、あわせて、首都圏でのPRに向けたロゴマーク等も決まったので、シティープロモーションのさらなる強化を図りたい。このため、経済局営業戦略部内に「プロモーション推進課」を新設するとともに、東京の金沢営業戦略室の職員を増員し、組織を強化する。
◇金沢マラソンの準備を本格化するために組織委員会を立ち上げ、大会運営に係る実施計画の策定に取り組むほか、ソウル市で開催されるマラソン・ジャパン(仮称)や姉妹都市のマラソン大会に金沢マラソンのPR団を派遣し、海外からの選手の参加を促したい。
◇市民協働のまちづくりを推進するため、協働のまちづくりチャレンジ事業の拡充を図るとともに、新しい公共の担い手となる市民団体等の活動内容を紹介する「市民協働と交流のつどい」を開催するほか、地域における団体等の交流活動に対する助成制度を創設する。
◇西金沢駅周辺の整備では、駅東広場の整備や日本たばこ産業金沢工場跡地における都市計画道路の築造に着手し、平成27年春の完成を目指す。また、都心軸の再整備では、片町地区再生検討懇話会から示された基本構想に基づくアクションプランを官民共同で作成するほか、片町A地区における再開発事業の実施に向け、基本設計の策定を支援していきたい。
◇地域防災計画の具現化に向け、消防救急無線のデジタル化の実施設計に着手するとともに、犀川流域の洪水ハザードマップや原子力防災リーフレット等の作成・配布に取り組むほか、中核市7都市との間で覚書を締結し、災害発生時における相互応援体制を強化していきたい。
◇学校教育では、教育振興基本計画の策定に取り組むとともに、小中一貫教育を全市一斉に実施するほか、中学校学校選択制についての検討会を立ち上げ、検証等を行っていく。さらに、いじめ問題等の未然防止と早期解決を図るため、学校指導課内に「生徒指導支援室」を設置するほか、自律心や正義感などを高めるための心の教育を推進するなど、いじめを見逃さない学校づくりに引き続き全力で取り組む。

戻る
より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。