本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市議会の中のかなざわ市議会だよりからNo259 まちづくり
印刷用ページを表示する

 
まちづくり

犀川河口周辺の金石地区に緩衝緑地を【宮崎雅人議員・会派かなざわ】
地下道進入に対する警告は【麦田徹議員・みらい】
景観の価値を踏まえた用途地域や高度利用のあり方は【玉野道議員・会派かなざわ】
公園整備に市民の声を広く集める機会を【広田美代議員・日本共産党】
 
犀川河口周辺の金石地区に緩衝緑地を【宮崎雅人議員・会派かなざわ】
質問金石地区の犀川河口周辺では、地震が発生した場合、津波による被害が予想される。海岸線から住宅地への緩衝地としての防災公園が必要ではないか。
犀川河口付近
犀川河口付近
答弁犀川河口周辺の埠頭用地に緩衝緑地を設けることは、金石地区の津波対策として有効であり、地域住民の安全・安心につながる。今後、地元からの要望があれば、港湾管理者である石川県に伝えたい。(市長)
▲TOPへ
 
地下道進入に対する警告は【麦田徹議員・みらい】
質問集中豪雨と周辺の開発状況により疋田交差地下道がこの夏二度も冠水し、一般車両が進入して浸水した。冠水以来数日後に警告看板が増設されたが、設置位置が頭上で小さく見過ごされやすいため、回転灯の増設や侵入防止ゲートの設置を検討してはどうか。
疋田交差地下道
疋田交差地下道
答弁本市では地下道冠水通報システムの整備を進めており、疋田交差地下道でも電光表示板や回転灯によりドライバーへ注意喚起している。今後、より一層の注意喚起が必要と思われるので、回転灯の増設など安全性を高める措置を検討していきたい。(市長)
▲TOPへ
 
景観の価値を踏まえた用途地域や高度利用のあり方は
【玉野道議員・会派かなざわ】
質問本市は伝統環境の保存及び美しい景観形成に関する条例を基準に景観行政を推進してきたが、長町武家屋敷かいわいでは、景観地区の指定を目指すとしながら、目前の商業地区でビル建設が始まっている。重要文化的景観の価値を踏まえた周辺の用途地域や高度利用について所見を聞く。
答弁重要文化的景観を初め、本市固有の歴史的まち並みの価値をさらに高めるために、周辺地域を含めた一体的な景観形成が必要なことから、用途や高さ制限のあり方について、地元と丁寧に協議を重ねて検討を進めたい。 (市長)
▲TOPへ
 
公園整備に市民の声を広く集める機会を【広田美代議員・日本共産党】
質問来年開園百周年を迎える卯辰山公園の利活用や城北市民運動公園の屋内広場の整備に当たり、市民からの声を広く集める機会を設けるべきではないか。
答弁卯辰山公園については、利用者へのアンケートやパブリックコメントにより市民の声を反映させたい。また、城北市民運動公園の屋内広場については、議会での議論も含め、学識経験者や子育て関係者等で構成する検討会で議論を進めるとともに、パブリックコメントの実施も考えたい。 (市長)
▲TOPへ
 
戻る
より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。