本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市議会の中のかなざわ市議会だよりからNo264 まちづくり
印刷用ページを表示する

まちづくり
 
空き家対策条例の制定に向けた取り組みは【野本正人議員・自民党】
中山間地域での住宅支援は【前誠一議員・政心研・金沢】
緊急輸送道路の路面下空洞調査は【松井純一議員・公明党】
除雪計画・体制の工夫点は【高誠議員・自民党】
発電管理センター移転にかかわる用地の取得価格と売却価格は【森尾嘉昭議員・日本共産党】
空き家対策条例の制定に向けた取り組みは【野本正人議員・自民党】
質問市長は、さきの選挙の際に、空き家対策条例の制定をマニフェストに掲げていたが、制定に向けた手順及び条例に盛り込む本市独自の内容について聞く。空き家と思われる住宅
空き家と思われる住宅
答弁明年度には法律の専門家や不動産関係者などから成る協議会を設置し、条例制定に向けた議論を進めていくが、空き家の除却のみにとどまらず、定住促進条例や町家保全条例などとの整合性を図り、金沢の歴史、文化に根差した本市独自のまちづくりに資するものにしたい。(市長)
▲TOPへ
中山間地域での住宅支援は【前誠一議員・政心研・金沢】
質問住宅支援については、まちなかでの施策にとどまらず、中山間地域での施策を充実させ、魅力とにぎわいのある中山間地域をつくっていくべきと考えるが、見解を聞く。
答弁中山間地域の活性化のためには、農家の後継者等の定住が必要と考えており、農家の分家住宅等建築奨励金制度により、住宅の新築や購入の支援を行っている。また、農林業の振興を図るとともに、住宅支援制度について研究していきたい。(市長)
▲TOPへ
緊急輸送道路の路面下空洞調査は【松井純一議員・公明党】
質問災害時の緊急輸送道路について、路面下の空洞化による陥没の危険性が指摘されている。緊急輸送道路の管理状況及び路面下の空洞調査の取り組みについて聞く。路面下空洞調査の様子
路面下空洞調査の様子
答弁緊急輸送道路については、路面の性状調査などに格段の意を用いている。路面下の空洞については、平成23年度から企業局において埋設後30年以上経過した下水道管路を対象に幹線道路で調査・修繕しているが、来年度からは路面の性状調査の結果を踏まえて、企業局と連携を図り、計画的に実施していきたい。(市長)
▲TOPへ
除雪計画・体制の工夫点は【高誠議員・自民党】
質問少子高齢化の今日、除雪労働力の確保は大変だが、雪害から市民の生命・財産を守るため、今冬の除雪計画及び体制について、工夫や強化を図っているのか。
答弁除雪計画では、二次・三次路線から3.3キロメートルを一次路線に移行したほか、新たに2.3キロメートルを除雪路線に追加した。また、761台の除雪機械を確保するとともに、3月末まで職員が24時間体制で警戒するなど、より迅速な除雪作業の体制を整えている。(土木局長)
▲TOPへ
発電管理センター移転にかかわる用地の取得価格と売却価格は
【森尾嘉昭議員・日本共産党】
質問発電管理センターの移転のために平成9年に取得した用地が17年間塩漬けとなっていたが、別の場所に移転することとなり、この用地が売却された。この用地の取得価格と売却価格を明らかにせよ。
答弁移転用地の取得価格は2億2,401万円で、売却価格は3,310万円であり、その差額は1億9,091万円である。(公営企業管理者)
▲TOPへ
 
戻る
より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。