本文へジャンプ
予算と暮らし
 
金沢のトップセールスマンとしての意気込みは【野本正人議員・自民党】
国際交流戦略プランの数値目標は【長坂星児議員・金沢保守】
二年後の消費税増税に対する考えは【広田美代議員・日本共産党】
新しい公衆無線LANサービスの取り組みは【麦田徹議員・みらい】
市長の二期目の市政運営は【森尾嘉昭議員・日本共産党】
金沢のトップセールスマンとしての意気込みは【野本正人議員・自民党】
質問3月の北陸新幹線金沢開業、5月のユネスコ創造都市ネットワーク世界会議など、金沢という都市のブランドを世界に発信する絶好の機会を迎えるが、金沢を売り込むトップセールスマンを自任する市長の意気込みを聞く。
答弁ユネスコ創造都市ネットワーク世界会議などを成功させ、そのネットワークを通じて、金沢の個性や強みである景観や食、工芸など世界に通じる金沢ブランドを国の内外に発信するとともに、市民意識の醸成に努めていきたい。(市長)
▲TOPへ
国際交流戦略プランの数値目標は【長坂星児議員・金沢保守】
質問世界の交流拠点都市金沢の実現に向けて、国際交流を活性化していくための総合的な戦略プランの策定に取り組んでいるが、戦略プランであるからには数値目標を設定して施策を推進する必要がある。どのような目標を設定していくのか。
答弁留学生数を現在の約1,500人から3,000人に増加させるほか、姉妹都市との民間交流団体数や外国人観光客の宿泊者数などについて具体的な数値目標を掲げたい。(市長)
▲TOPへ
二年後の消費税増税に対する考えは【広田美代議員・日本共産党】
質問さまざまな経済指標でも明らかなように、アベノミクスは破綻し、増税不況は深刻である。地域経済にとっても、2年後の消費税増税は中止すべきと思うが、市長の見解を聞く。
答弁国家財政の再建や急速に進む少子高齢化の状況から、消費税率の引き上げは避けられないと考えている。引き上げ時期を含め、経済再生への道筋などについて国民の判断を仰ぐため、総選挙が実施されたと思っており、その結果を尊重したい。(市長)
▲TOPへ
新しい公衆無線LANサービスの取り組みは【麦田徹議員・みらい】
質問以前に比べ外国人観光客を市内で多く見かけることから、公衆無線LANの整備は重要と考えるが、1月から本格運用される「カナザワフリーワイファイ※」について、これまでの公衆無線LANとの違いや今後の取り組みについて聞く。
答弁「カナザワフリーワイファイ」は、屋外の広いエリアで多くの人が利用できるものである。1月中には、金沢駅東広場や金沢21世紀美術館周辺のほか、武蔵ヶ辻バス停周辺及び香林坊や片町の一部でも運用を開始していきたい。(市長)
※ワイファイ(Wi-Fi)
無線でインターネットなどに接続する技術のこと。
▲TOPへ
市長の二期目の市政運営は【森尾嘉昭議員・日本共産党】
質問市長は二期目のスタートに当たって、競輪場外車券売り場設置に関する問題について、市民にどのように説明し、そして、どのようなことを反省し、市政運営に当たるのか。
答弁競輪場外車券売り場に関する一連のことについて、軽率な行為によって議会や市民に不安な思い、不信感を与え、申しわけなく思っており、反省している。いま一度、気を引き締め、市民や職員と一緒になって金沢を一層光り輝くまちにしていきたい。(市長)
▲TOPへ
 
戻る