本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市議会の中のかなざわ市議会だよりからNo264 表紙
印刷用ページを表示する

 
 
 
 
かなざわ市議会だより
平成27年(2015年)2月1日
No.264
 
 
 

市民の皆様のご理解と
ご協力をお願いいたします
市長の施政方針まちづくり
予算と暮らし経済と環境福祉と健康
教育と安全・安心地方創生決算審査特別委員会の要望事項
意見交換会を開催しました第5回意見交換会を開催します12月定例月議会審議結果
12月定例月議会の質問者本会議映像のインターネット同時配信特別委員会の提言(要旨)
議会日誌編集後記バックナンバー

公立の文化施設を対象とする地域創造大賞(総務大臣賞)に選ばれた金沢21世紀美術館(写真提供:金沢21世紀美術館)
公立の文化施設を対象とする地域創造大賞(総務大臣賞)に選ばれた金沢21世紀美術館(写真提供:金沢21世紀美術館)


平成26年度 金沢市議会 12月定例月議会

議員定数条例を改正

~議員定数を2人削減し、新任期から38人に~

 平成26年度金沢市議会12月定例月議会が、12月10日から24日までの15日間開催されました。
 初日10日には、山野市長から、地域経済の活性化に係る経費や市民生活の安全・安心を確保するための福祉・保健に関する経費などの追加を主な内容とする総額17億156万円の補正予算案のほか、伏見川グラウンドの新設に伴う「金沢市体育施設条例の一部改正」案など、議案18件が提案され、市政の概況とともに説明が行われました。
 この中で市長は、「市民の皆様から信託を受けることができ、改めて責任の重さを痛感するとともに、身の引き締まる思いである。これからも、市民の中に飛び込み、話し合いを重ねることを大切にしながら、金沢を一層光り輝くまちに成長・発展させていきたい。とりわけ、北陸新幹線の開業が秒読み段階を迎えた今、この機を逃さず『世界の交流拠点都市金沢』の実現を目指していくことが肝要であり、アフター新幹線も見据え、10年間に取り組むべき施策として策定した重点戦略計画の着実な実践に懸命の努力を重ねていく」と述べました。
 17日から19日までの3日間にわたる本会議では、14人の議員が質疑や一般質問を活発に行い、19日には、平成25年度決算認定に係る議案1件及び認定2件が全会一致または賛成多数をもって、いずれも原案のとおり可決または認定されました。また、22日には5つの常任委員会が開催され、議案の審査が行われました。
 最終日の24日には、討論、採決が行われ、この日追加提案された人事案件を含め、市長提出の議案各件は、全会一致または賛成多数をもって、いずれも原案のとおり可決、同意または諮問のとおり答申されました。そして、議員提出の議会議案7件は4件が可決、3件が否決され、請願7件は1件が採択、6件が不採択となり、陳情2件はいずれも不採択となりました。その後、金沢魅力創造特別委員会、都市交通特別委員会、スポーツ振興特別委員会の委員長報告が行われました。
 なお、議員定数を40人から2人減とする「金沢市議会議員定数条例の一部を改正する条例」が可決されたことに伴い、次回の市議会議員選挙から定数は38人となります。
より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。