住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金の支給を行っています

更新日:2022年04月11日

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、様々な困難に直面した方々が、速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、住民税非課税世帯等の生活を支援するため、住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金の支給を行います。

支給額

1世帯あたり10万円
(1世帯あたり1回限り。住民税非課税世帯と家計急変世帯の重複受給はできません。)

住民税非課税世帯の方へ向けた臨時特別給付金

支給対象者
基準日(令和3年12月10日)において、金沢市の住民基本台帳に記録されている方であって、世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税である世帯
ただし、住民税が課税されている者の扶養親族等のみからなる世帯は対象外です。
対象外の例)他市町村で課税されている親元から離れて一人暮らしをしている大学生等

手続き
2月15日から対象世帯に振込口座情報等に関する確認書の発送を開始しました。内容を確認した上でご返送ください。

支給時期
3月上旬以降確認書の返送を受け付けた方から口座振込を順次開始しております。

家計急変世帯の方へ向けた臨時特別給付金

支給対象者
令和3年度の住民税が課税されている世帯のうち、令和3年1月から令和4年9月までに新型コロナウイルス感染症の影響を受けて収入が減少し、世帯全員のそれぞれの年収見込額が住民税均等割非課税水準以下である世帯(家計急変世帯)
ただし、住民税が課税されている者の扶養親族等のみからなる世帯は対象外です。
また、金沢市又は他の市区町村における住民税非課税世帯等への臨時特別給付金を受給した世帯に属する者を含む世帯は対象外です。

手続き
金沢市に申請が必要です。申請書及び申立書に必要事項を記入し、収入額が確認できる書類等とともに郵送でご提出ください。令和4年3月15日(火曜日)から申請受付を開始しました。締切日は令和4年9月30日(当日消印有効)です。詳しくは案内チラシをご確認ください。

申請書
申立書
申請書記入例
申立書記入例
添付書類貼付用紙
案内チラシ

臨時相談窓口
3月17日(木曜日)から4月28日(木曜日)まで臨時相談窓口を開設します。5月以降の相談は、下記コールセンターでの電話対応のみとなりますので、窓口での相談を希望される方は、4月中にお越しくださいますよう、お願いします。

金沢市役所第一本庁舎2階市民ホール (土日祝日を除く9時から17時)

 

金沢市内に配偶者やその他親族からの暴力(DV)等を理由に避難されている方へ

DV等を理由に住民票を動かさず、金沢市に避難している方も、所定の手続きをしていただくことで、金沢市から給付金を受給できる可能性があります。また、住民票上の世帯が既に給付金を受給している場合でも、一定の要件(DV等避難中であることの証明と収入要件)を満たせば、給付金を受給できます。
手続きについては、金沢市住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金コールセンターにお問い合わせください。

案内チラシ

 

この記事に関するお問い合わせ先

金沢市住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金コールセンター
電話番号:076-204-7844
ファックス番号:076-221-2590