『手足口病』とは

手足口病はエンテロウイルスによる感染症で、夏場に乳幼児を中心に流行します。
口の中、手のひら、足底や足背などに2~3ミリメートルの水疱性の発疹がでます。
感染者の約3分の1程度に発熱がみられますが、ほとんどは、数日間のうちに治る病気です。
まれに合併症が起こる場合がありますので、高熱、嘔吐や頭痛等の症状がみられた場合は、すぐに医療機関にかかりましょう。
潜伏期間は3~5日です。

感染を予防するために

  • 流水と石けんでしっかりと手を洗いましょう。
  • 治った後も、比較的長い期間便の中にウイルスが排出されるため、排泄物を適切に処理しましょう。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

地域保健課
郵便番号:920-8533
住所:金沢市西念3丁目4番25号
電話番号:076-234-5102
ファックス番号:076-234-5104
お問い合わせフォーム