肝炎ウイルス 相談・検査

肝炎ウイルスの検査を受けましょう

ウイルス性肝炎とは、肝炎ウイルスに感染して肝臓の細胞が壊れていく病気です。ウイルスの種類によってB型肝炎、C型肝炎等と呼ばれます。ウイルス性肝炎は国内最大の感染症とも言われていますが、感染していても自覚症状がないことが多いため、感染が発見されていない人が多く存在します。

B型及びC型ウイルス肝炎は主に血液によって感染します。検査法が確立する以前は、肝炎ウイルスに汚染された輸血、血液製剤、注射器の使用などで感染が起こったことがわかっています。

感染した状態を放っておくと慢性肝炎から肝硬変、肝がんに進行する恐れがあります。しかし、最近ではインターフェロン等の治療によって完治が期待できるようになりました。このため、検査で早期に発見し、治療を受けることが大切です。

金沢市では、肝炎ウイルスの検査を実施していますので、まず相談してください。

肝炎ウイルス(B型、C型)検査

 40、45、50、55、60歳の市民の方に、すこやか検診・集団検診で利用できる、肝炎ウイルス検査(B型・C型)無料受診券を4月末にお送りしています。

問い合わせ先

 金沢市健康政策課 076-220-2730

場所

  1. 金沢市保健所(金沢市西念3丁目4番25号)
    • 検査日:水曜日((注意)祝日を除く
    • 時間:午後1時30分~4時
    • 予約:要
  2. 石川県内の協力医療機関でも検査を受けられます

対象者

金沢市内にお住まいの20歳以上の方で、過去に検査を受けたことのない方、職場等で検査を受ける予定のない方

費用

無料

相談・予約先

金沢市保健所 地域保健課
金沢市西念3丁目4番25号
 電話番号:076-234-5102(代表)

B型、C型ウイルス性肝炎の治療に対して医療費の助成を行っています

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

地域保健課
郵便番号:920-8533
住所:金沢市西念3丁目4番25号
電話番号:076-234-5102
ファックス番号:076-234-5104
お問い合わせフォーム