いいねキッズ金沢市キッズページ
   

    
 伝統文化金沢らしさ

 
 
 
 
 九谷焼

 

1665年(明歴元年(めいれきがんねん))に、初代大聖寺(だいしょうじ)藩主(はんしゅ)前田利治(まえだとしはる)の命令で、江沼郡九谷村(えぬまぐんくたにむら)(現在(げんざい)の加賀市山中温泉九谷町(かがしやまなかおんせんくたにまち))の窯(かま)で作られたところから、九谷焼と名前がつきました。しかし、50年ほどで窯は廃止(はいし)されてしまいました。

それから約100年後、京都の青木木米(あおきもくべい)という名人が、卯辰山(うたつやま)に春日山窯(かすがやまがま)を作ったのをきっかけに、新しい窯が次々に生まれました。明治初期には九谷庄三(くたにしょうぞう)の金襴手(きんらんで)という技法(ぎほう)が主流になりました。

九谷焼の特徴(とくちょう)は五彩(ごさい)とよばれる、赤、黄、緑、紫(むらさき)、紺青(こんじょう)の見事な色合いと豪快(ごうかい)で美しい絵模様(えもよう)に表れています。美術(びじゅつ)工芸品としても、国内外で有名です。


 かすがやまがまで焼かれた器 
九谷焼のこうろ 



 大樋焼(おおひやき)

 

1666年(寛文(かんぶん)6年)、5代藩主綱紀(つなのり)が、茶道を広めるために、京都から裏千家の仙叟宗室(せんそうそうしつ)をまねきました。そのときに一緒(いっしょ)に来た長左衛門(ちょうざえもん)(楽焼きの職人(しょくにん))が、金沢の北にある大樋村(おおひむら)に楽焼きの窯を開いたのが始まりです。

ろくろを使わない手びねりで、ひとつひとつ作られ、釉薬(ゆうやく)がとけているときに窯から出す製法(せいほう)によりきれいな飴色(あめいろ)をしています。この飴色は、楽焼きの黒、赤の色を使用することを京都からきんじられたために、工夫して作られた飴釉(あめゆう)という釉薬の効果(こうか)による独特(どくとく)の発色です。抹茶(まっちゃ)の緑との配色が美しく、温かい手ざわりが特徴です。