いいねキッズ金沢市キッズページ
   

    
 伝統文化金沢らしさ

 
 
 
 
 金沢漆器(かなざわしっき)・加賀蒔絵(かがまきえ)

 

漆塗り(うるしぬり)の上に、金や銀で絵模様(えもよう)をえがいたものを蒔絵といいます。金沢漆器には、この蒔絵がほどこしてあり、特に加賀蒔絵とよばれています。3代藩主(はんしゅ)利常(としつね)が、京都から五十嵐道甫(いがらしどうほ)、江戸(えど)から清水九兵衛(しみずくへい)など蒔絵の名人をまねいて、技術(ぎじゅつ)を伝えたのが始まりです。大名が使う道具から発展(はってん)した工芸なので、現在(げんざい)も優美(ゆうび)な美術(びじゅつ)工芸品として作られています。



 お香を入れる箱 
お酒をつぐためのちょうし