本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中のQ&Aから固定資産の価格に疑問や不服がある場合はどうしたらよいですか。
印刷用ページを表示する
 

固定資産の価格に疑問や不服がある場合はどうしたらよいですか。

質問

固定資産の価格に疑問や不服がある場合はどうしたらよいですか。

回答

課税の基礎となった固定資産(土地・家屋・償却資産)の価格に疑問があるときには、資産税課 庶務係(TEL:076-220-2151)までお尋ねください。詳しくご説明します。

 また、課税の基礎となった固定資産(土地・家屋・償却資産)の価格に不服があるときには、納税通知書を受け取った日の翌日から起算して3か月以内に固定資産評価審査委員会に対して審査の申出をすることができます。

(1)審査の申出をすることができる方
 ・固定資産税の納税者(代理人によることもできます)

(2)審査の申出をすることができる事項
 ・審査の申出ができる事項は、固定資産課税台帳に登録された「価格」となっています。

 ※税額については、固定資産課税台帳に登録される事項ではないので、審査の申出の対象になりません。
 (固定資産の価格以外の不服については、納税通知書を受け取った日の翌日から起算して3か月以内に金沢市長に対して審査請求をすることができます。)

(3)審査の申出の方法
 ・審査の申出は、審査申出書(正副2通)を固定資産評価審査委員会(事務局は税務課内)に提出(郵送可)して行います。
 審査申出書は、資産税課を経由して提出(郵送可)することもできます。
 審査申出書は、税務課(TEL:076-220-2149)にあります。
 

関連リンク

問い合わせ先

総務局 資産税課
電話番号:076-220-2151
FAX番号:076-220-2182
shisanzei@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。