本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中のQ&Aから家屋は年々古くなっていくのに、固定資産税の家屋の価格(評価額)が下がらない場合があるのはどうしてですか。
印刷用ページを表示する
 

家屋は年々古くなっていくのに、固定資産税の家屋の価格(評価額)が下がらない場合があるのはどうしてですか。

質問

家屋は年々古くなっていくのに、固定資産税の家屋の価格(評価額)が下がらない場合があるのはどうしてですか。

回答

 すでに課税されている家屋の価格(評価額)は、建築物価の動向などを反映して、3年ごとの基準年度に評価替えとして見直されます。ただし、その価格が前年度の価格を超える場合は、前年度の価格が据え置かれることになります。

 最近の評価替えは平成30年度に行われました。次回は平成33年度になります。
 

担当

資産税課 家屋係 TEL:076-220-2156

 

関連リンク

問い合わせ先

総務局 資産税課
電話番号:076-220-2151
FAX番号:076-220-2182
shisanzei@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。