本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中のQ&Aから地価が下落して土地の評価額が下がっているのに、固定資産税が上がるのはどうしてですか。
印刷用ページを表示する
 

地価が下落して土地の評価額が下がっているのに、固定資産税が上がるのはどうしてですか。

質問

地価が下落して土地の評価額が下がっているのに、固定資産税が上がるのはどうしてですか。

回答

 地域や土地によって評価額に対する税負担に格差がある(例えば同じ評価額の土地であっても税額が異なる)のは、税負担の公平の観点から問題があることから、平成9年度の税制改正で、この格差を解消する制度が導入されました。

 この制度は、負担水準(前年度課税標準額の新年度評価額に対する割合)が高い土地は税負担を引き下げたり、据え置いたりする一方、負担水準が低い土地に対しては、なだらかに税負担を引き上げていく内容になっています。

 したがって、下落修正等によって評価額が下がっても負担水準が低い場合は、税額が上がることもありえます。
 詳しくは、4月に送付しております課税明細書の裏面の説明をご覧ください。

担当

資産税課 土地係 TEL:076-220-2153


 

関連リンク

問い合わせ先

総務局 資産税課
電話番号:076-220-2151
FAX番号:076-220-2182
shisanzei@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。