本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中のQ&Aから資産証明、公課証明、評価証明書を郵送で請求したいのですが?
印刷用ページを表示する
 

資産証明、公課証明、評価証明書を郵送で請求したいのですが?

質問

資産証明、公課証明、評価証明書を郵送で請求したいのですが?

回答

郵送で請求できる方は、納税義務者本人のみです。
請求する場合は、請求用紙、手数料分の定額小為替、返信用封筒を同封のうえ、市民課あてお送りください。
なお、電話、ファクシミリ及びEメール等での請求はできません。

※詳細は、以下を参照してください。

■請求方法について
<送付物>
 ・請求用紙
  ※関連ホームページに記入例及び様式がありますのでご利用ください。
 ・本人確認ができる証明書等の写し
  (運転免許証、パスポート、健康保険証等のコピー)
 ・手数料分の定額小為替(土地1筆、家屋1構、償却資産1所有につき1通 300円)
  ※定額小為替は郵便局で発行しています。
 ・返信用封筒
  ※返信先を記入し、返信用の切手を貼付してください。

<送付先>
 〒920-8577 石川県金沢市広坂1丁目1番1号(郵便番号記載の場合、住所省略可)
            金沢市役所 市民課あて
 ※各市民センターには請求できません。

■請求用紙の記入内容
 ・請求者の住所、氏名(ふりがなも記入)及び押印、日中ご連絡可能な電話番号
  ※法人の場合は、法人名、法人代表者名及び法人代表者印
 ・課税時(1月1日現在)の所有者氏名(ふりがなも記入)
 ・請求する証明書の種類及び必要数(資産、公課、評価証明の別。土地、家屋の別。所在地及び証明年度を記入してください。)
  ※証明書の発行が可能なのは、現年を含め5年分です。
 ・証明事項の範囲(物件の表示のみ、物件の表示及び評価額、物件表示、評価額及び課税標準額)
  ※公課証明については、証明事項の範囲は記入不要です。

■注意事項
 証明書の内容は、1月1日(賦課期日)現在のものです。
 1月1日以降に物件を取得した方は、取得したことが確認できるもの(登記簿全部事項証明書等)をご送付ください。

【参考】
固定資産課税台帳登録事項に関する証明・・・土地・家屋・償却資産に関する証明
 (1) 資産証明書・・・物件の表示、評価額、課税標準額等を証明するもの
 (2) 公課証明書・・・物件の表示、評価額及び算出税額等を証明するもの
     (主に裁判所への提出を目的とする証明書)
 (3) 評価証明書・・・物件の表示、評価額等を証明するもの
     (主に裁判所への提出を目的とする証明書)

お問い合わせ先
市民課郵便担当
直通電話 076-220-2247

関連リンク

問い合わせ先

市民局 市民課
電話番号:076-220-2241
FAX番号:076-224-2163
shimin@city.kanazawa.lg.jp

総務局 税務課
電話番号:076-220-2171
FAX番号:076-220-2154
zeimu@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。