本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中のQ&Aから入籍届(子の氏を父から母に変更するなど)はどのようにするのですか。
印刷用ページを表示する
 

入籍届(子の氏を父から母に変更するなど)はどのようにするのですか。

質問

入籍届(子の氏を父から母に変更するなど)はどのようにするのですか。

回答

子の氏が父又は母と異なる氏となっている場合は、「家庭裁判所」の許可を得て、市民課又は各市民センターに入籍届をすることで、父又は母と同じ氏を称することができます。

父母が離婚し、父又は母と戸籍が別になった子が、その母又は父の戸籍に入るためには、この届出をすることになります。
 
※家庭裁判所の許可が不要な場合もありますので、詳細については、市民課又は各市民センターにご確認ください。

家庭裁判所への申し立て手続きについて
  申立先・・・子(入籍する方)の住所地を管轄する「家庭裁判所」
  申立人・・・子(15歳未満の場合は親権者)

家庭裁判所への申し立てによる審理後、「子の氏変更許可」の審判書が発行されます。
(審理後、審判書を添えて、市民課又は各市民センターに入籍届を提出してください。)

※詳細については【家庭裁判所】にお問い合わせください。

<お問合わせ先>
 【金沢家庭裁判所】
 石川県金沢市丸の内7-1(電話 076-221-3111)

入籍届の手続きについて
<届出先>
 市民課又は各市民センター
  (届出人の方(子。子が15歳未満の場合は親権者)の所在地又は本籍地が金沢市の場合)

<必要なもの>
 ・入籍届 1通(届出用紙は全国共通です。)
  ※市民課及び各市民センターで入籍届の用紙と、書き方の説明書をお渡ししています。
 ・届出人(子。子が15歳未満の場合は親権者)の印鑑(認印で可)
 ・「家庭裁判所」で発行された許可審判書の謄本 1通
 ・金沢市に本籍がない場合は、子の戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)及び子が入籍する親の戸籍全部 
  事項証明書(戸籍謄本) 各1通
  ※戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)が必要となる場合は、家庭裁判所への許可申し立ての際に、併  
   せて用意しておかれると便利です。
 ・国民健康保険被保険者証(金沢市に在住の加入者の方で、名前や住所が変わる方のみ)
 ・通知カード又は個人番号カード(金沢市に在住の方で、名前や住所が変わる方のみ)
  ※当直に提出した場合、裏書きのため後日来庁が必要となります。

関連リンク

問い合わせ先

市民局 市民課
電話番号:076-220-2241
FAX番号:076-224-2163
shimin@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。