本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中のQ&Aから離婚届について、どのように記入するのですか。
印刷用ページを表示する
 

離婚届について、どのように記入するのですか。

質問

離婚届について、どのように記入するのですか。

回答

離婚届の主な記入の仕方は、次のとおりです。
※提出先及び持参書類等はこちらを参照してください。

(1) 届出人について
 ・夫及び妻が婚姻中の氏で署名・押印してください。
   (夫婦別々の印鑑で押印)
 ・裁判による離婚の場合は、申立人が届出人となりますので、夫か妻の一方のみが届出人となります。
  ※裁判離婚が確定した日から10日以内に申立人の方から届出してください。
    裁判離婚の確定から10日以降であれば、相手方からも届出することができます。

(2) 証人について
 ・届出人以外の成年の方2人により、署名・押印してください。
  ※家族等、同じ氏の方が証人の場合は、それぞれ異なった印鑑で押印してください。
 ・裁判による離婚の場合は、必要ありません。

(3) 未成年の子の氏名記入欄
 夫婦に未成年の子供がいる場合は、必ず夫又は妻のどちらが親権者になるかを決めて記入してください。
 ※夫婦共同の親権とすることはできません。(親権者が定まっていない場合、届出を受理することができません。) 
  また、離婚届のみでは子の戸籍は異動しません。別途、届出をする必要があります。

(4) 婚姻前の氏に戻る方の本籍欄について
 ・婚姻中の戸籍筆頭者でない方について、離婚後の戸籍をどのようにするか選択し、記入してください。
  ※婚姻前の戸籍に戻るか、新しい戸籍をつくるかを選択してください。
 ・離婚後も現在の氏を使用される場合は、離婚届とは別に届出が必要になりますので、この欄には記入しないでください。
  ※この欄に記入しない場合は、離婚届と同時に婚姻中の氏を称する旨の戸籍法77条の2の届出をする必要があります。(こちらを参照してください
   詳しくは市民課又は各市民センターにご確認ください。

(5) 父母の氏名、父母との続柄欄
 実父母の氏名及び実父母との続柄を記入してください。
 ※養父母の氏名及び養父母との続柄は、その他欄に記入してください。

(6) 住所欄
 ・現在、住民登録をしている住所を記入してください。
 ・離婚届と同時に金沢以内で(に)住所等を変更される方は、届書に新しい住所を記入し、同時に住所変更に関する届出をしてください。
 ・離婚届と同時に金沢市内で(に)住所を変更される方は、別途「住民異動届」等の書類が必要です。

※詳しくは、市民課又は各市民センターにご確認ください。

関連リンク

問い合わせ先

市民局 市民課
電話番号:076-220-2241
FAX番号:076-224-2163
shimin@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。