本文へジャンプ

学校を卒業後フリーターをしていますが国民年金保険料が払えません(親と同居中)。良い方法はありますか。

質問

学校を卒業後フリーターをしていますが国民年金保険料が払えません(親と同居中)。良い方法はありますか。

回答

○ 学生の場合には、学生納付特例制度により、学生本人の前年所得が118万円以下のとき支払いが猶予されます。

○ 学校を卒業後は、保険料免除制度により、前年所得の審査により納付義務が免除される場合があります。ただし、所得審査の対象となるのは、「申請者本人+申請者の配偶者+世帯主」の前年所得のため、本人の所得が少なくても世帯主の所得が多いと免除されません。

○ 平成17年4月以降施行された若年者納付猶予制度では、申請者本人が30歳未満であれば、「申請者本人+申請者の配偶者」の前年所得のみが審査の対象になりますので、世帯主の所得が高額でも納付猶予可能です。ちなみに申請者本人が独身の場合、所得額57万円(収入ベースで122万円)以下であれば納付猶予されますので、市民課国民年金担当で手続きしてください。

関連リンク

問い合わせ先

市民局 市民課 国民年金担当
電話番号:076-220-2295
FAX番号:076-220-2776
shimin@city.kanazawa.lg.jp