本文へジャンプ

会社を退職した場合は、国民年金に加入しなければならないのですか。

質問

会社を退職した場合は、国民年金に加入しなければならないのですか。

回答

 日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の方は、厚生年金や共済組合などの公的年金制度に加入している方を除き、国民年金に加入しなければなりません。会社を退職したことにより厚生年金に加入しなくなった場合は、国民年金の第1号被保険者として加入していただくこととなります。
 つきましては、市民課国民年金係または市民センターで加入の届出を行ってください。
 厚生年金の老齢年金や共済組合の退職年金をもらっている場合には加入する必要はありません。

<手続きに必要なもの>
 ・ 年金手帳
 ・ 退職年月日のわかる書類(離職票など)
 ・ 扶養している配偶者(20歳以上60歳未満)がいる場合は、配偶者の年金手帳
 ・ 印鑑(本人の署名があれば不要)
 ・マイナンバー確認書類
 ・本人確認書類
  
  平成30年3月5日から
  年金関係の届出や申請等の際には、マイナンバーの記入及び本人確認が必要です。

  マイナンバーによる手続については、こちらをご覧ください。

関連リンク

問い合わせ先

市民局 市民課 国民年金担当
電話番号:076-220-2295
FAX番号:076-220-2776
shimin@city.kanazawa.lg.jp