本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中のQ&Aから高齢者・障害のある方向けに住宅を改修したい
印刷用ページを表示する
 

高齢者・障害のある方向けに住宅を改修したい

質問

高齢者・障害のある方向けに住宅を改修したい

回答

〈対象となる方〉
 1.高齢者(介護保険制度の要介護認定において要介護・要支援と判定された方)
 2.特定疾病該当者(40歳から64歳までの方で、介護保険制度で特定疾病により要介護・要支援と判定された方)
 3.身体障害者(身体障害者手帳1・2級(下肢・体幹)所持者または、重度身体障害者日常生活用具給付制度による住宅改修費の交付を受けることができる方)

〈対象要件〉 次のすべてに該当する方
 1.市税を完納していること
 2.市内に居住していること
 3.過去(平成6年以降の制度)に助成を受けていないこと(原則として世帯に1回)
 4.生計を維持する者の年間所得税額が5万円以下であること

〈対象工事〉 次のすべてに該当する工事
 1.高齢者や障害のある方の身体状況に合わせた改造工事であること
 2.市内にある生活の本拠とする住宅の改造であること
 3.新築工事でないこと
 4.申請時に工事に着手していないこと
 5.関係法令に適合する工事であること

 〈対象工事の例〉
 各所手すり設置、各所段差解消、スロープの整備、引き戸・折れ戸への変更、バリアフリー型浴槽への変更、和式便器から洋式便器への変更、段差解消機・階段昇降機・天井走行リフト等の整備
〈助成額〉
 1.生活保護世帯               対象経費の100%  限度額100万円
 2.所得税または市民税非課税世帯   対象経費の 90%  限度額 70万円
 3.所得税5万円以下世帯       対象経費の 70%  限度額 50万円

☆介護保険制度あるいは重度身体障害者日常生活用具給付制度による住宅改修ができる場合、これらの制度による給付が優先して適用されます。

 申請手続等の詳細につきましては下記「問い合わせ先」までお尋ねください。

問い合わせ先

福祉局 介護保険課
電話番号:076-220-2264
FAX番号:076-220-2559
kaigo@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。