本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中のQ&Aから介護サービスの利用者負担はどのくらいですか。
印刷用ページを表示する
 

介護サービスの利用者負担はどのくらいですか。

質問

介護サービスの利用者負担はどのくらいですか。

回答

  1. サービスを利用したときは、原則かかった費用の1割(一定以上の所得者は2割又は3割)の負担が必要となります。施設を利用するサービスの場合、居住費(滞在費)・食費の負担も必要です。なお、介護予防サービス、在宅サービスは、要介護度ごとの利用限度の範囲内で利用できます。利用限度を超えてサービスを利用したときは、超えた分が全額自己負担となります。
  2. 利用者負担(1割、2割又は3割)が一定金額を超えた場合、申請により高額介護サービス費が支給されることになります。
  3. 世帯全員が市民税非課税の方については、申請により居住費(滞在費)・食費が軽減されます。
  4. 介護保険と医療保険(国民健康保険・職場の健康保険・後期高齢者医療制度等)の限度額を適用後、一定金額を超えた場合、申請により高額医療合算介護サービス費が支給されます。
介護保険の利用者負担が2割又は3割となる「一定以上の所得者」とは
2割負担となる「一定以上の所得者」とは、本人の合計所得金額が160万円以上の方で、年金収入とその他の合計所得金額の合計が単身で280万円以上、65歳以上(第1号被保険者)の方が2人以上いる世帯では、それらの方の合計が346万円以上の方です。
3割負担となる「一定以上の所得者」とは、本人の合計所得金額が220万円以上の方で、年金収入とその他の合計所得金額の合計が単身で340万円以上、65歳以上(第1号被保険者)の方が2人以上いる世帯では、それらの方の合計が463万円以上の方です。
※合計所得金額とは、年金・給与・事業などの所得(収入金額から必要経費に相当する金額を差し引いたもの)をすべて合算したもので、基礎控除や扶養控除などの所得控除をする前の金額です。

関連リンク

問い合わせ先

福祉局 介護保険課
電話番号:076-220-2264
FAX番号:076-220-2559
kaigo@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。