本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中のQ&Aからタバコ、洗剤、化粧品などを飲み込んでしまったらどうしたらよいですか
印刷用ページを表示する
 

タバコ、洗剤、化粧品などを飲み込んでしまったらどうしたらよいですか

質問

タバコ、洗剤、化粧品などを飲み込んでしまったらどうしたらよいですか

回答

日中であれば、かかりつけの医師、または金沢市保健所地域保健課、各福祉健康センターにお問い合わせください。
〈連絡先〉
金沢市保健所 地域保健課 電話 243−5102
泉野福祉健康センター 電話 242−1131
元町福祉健康センター 電話 251−0200
駅西福祉健康センター 電話 234−5103 

また「休日、夜間小児救急電話相談」として、小児科医が電話でアドバイスします。
〈電話番号〉 076−238−0099
〈相談時間〉 午後6時〜11時 (土、日、祝日、年末年始【12/29〜1/3】除く)
〈相談内容〉 子どもの急な病気に関する相談
         (慢性疾患や育児相談については応じられません。
         また、あくまでも電話によるアドバイスであり、電話による診断・治療はできません)

その他専門機関
公益財団法人 日本中毒情報センター(24時間365日対応)
大阪110番   0990−50−2499 (有料)
たばこ専用回線  072−726−9922(テープによる情報提供・無料)

関連リンク

問い合わせ先

保健所 地域保健課
電話番号:076-234-5102
FAX番号:076-234-5104
tikiho@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。