本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中のQ&Aから食中毒を予防するポイントを教えてください。
印刷用ページを表示する
 

食中毒を予防するポイントを教えてください。

質問

食中毒を予防するポイントを教えてください。

回答

食中毒の原因は、微生物、自然毒、化学物質などがあります。最も多く発生するのが、微生物(食中毒菌)によるものです。
微生物による食中毒を予防するには、食中毒菌を「つけない、ふやさない、やっつける」 という三原則を守ることが大切です。次のことに気をつけて、食事を安全においしくいただきましょう。

家庭でできる食中毒予防6つのポイント

1 買い物の時
  • 消費期限など表示を確認し、新鮮なものを選ぶ
  • 冷凍や冷蔵が必要なものは早めに保存する

2 保存は
  • 冷蔵庫の温度を確認する(目安は10℃以下)
  • 冷蔵庫、冷凍庫内の詰め過ぎに注意する

3 調理の下処理は
  • 生の肉や魚を切った後の包丁、まな板は洗って熱湯等で消毒する
  • 野菜や果物などは水道水で十分洗う

4 調理の時は
  • 良く手を洗う
  • 加熱調理が必要な食品は十分に加熱する(目安は中心部が75℃で1分以上。なお、カキなどのノロウイルスによる汚染が考えられる食品については、85℃で1分以上。)

5 食事の時
  • 食事の前には手を洗う
  • 料理を室温で長く放置しない

6 残った食品は
  • 温め直すときは十分な加熱をする
  • 時間がたち過ぎたものは思いきって捨てる

暑い季節に限らず、食べ物には細心の注意が必要です。また、食中毒の原因のうち「家庭」がかなりの割合を占めますので、気をつけましょう。

詳しくは、ホームページ「食中毒予防のために」をご参照いただくか、保健所衛生指導課食品衛生担当までお問い合わせください。

問い合わせ先

保健所 衛生指導課
電話番号:076-234-5112
FAX番号:076-220-2518
eishi@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。