金沢市

Pick Up JR金沢駅もてなしドーム

ピックアップ JR金沢駅

ピックアップ紹介

もてなしドーム_タイトル

もてなしドーム_画像

これが、金沢らしさ
最近メディアでも話題にあがる金沢駅。伝統を継承していく歴史的都市でありながら、新しいものも取り入れ進化する金沢らしさが、アルミフレームとガラスを使用した最先端のドームと伝統芸能である加賀宝生の鼓をイメージした鼓門にあらわれています。訪れた人々に傘を差し出す、そんなおもてなしの心が詰まっている金沢の新しい玄関口です。
 

アルミ構造材_タイトル

アルミ構造材_画像

緻密な計算の賜物
アルミ合金を構造材とし、それを補強するようにドーム内にはケーブルが張られています。中央部の星形のロッドで補強されたテンションリングに放射線状にケーブルが集まり大屋根を支えています。アルミパネルは全て微妙に寸法も違い、正方形のガラスは1枚も使用していません。ジグソーパズルを組み立てるように、部材は収まるべき場所に収まり、ドームを形成しているのです。
 

地下広場_タイトル

地下広場_画像

イベントブースとしても
もてなしドーム中央の大階段を下りると地下広場へとつながります。情報コーナーや中庭もあり、広場では雑貨市を行ったり演奏会を行ったりとイベントブースとしても使われています。

 

鼓門_タイトル

鼓門_画像

デザインも機能性も
楕円状に二重に配置された柱に格天井の屋根がのり、伝統的な寺院建築をイメージさせる鼓門。実は門としての機能だけではなく、柱の中にはドームに降った雨を再利用するための送水管や地下の排気口が造られています。その横のバスの乗降車場の屋根には太陽電池パネルを置き、電気を発電。機能を兼ね備え環境を考えた設計でもあります。

 

ページトップへ

問い合わせ先

都市政策局 企画調整課
電話番号:076-220-2031
FAX番号:076-264-2535
kikaku@city.kanazawa.lg.jp