金沢市

Civic Tech Summit KANAZAWA 2019

ICTを活用したまちづくりや地域課題解決に取り組む「シビックテック」活動を広く市民に周知し、市民協働を推進するため、有識者による講演やワークショップ等を行う「Civic Tech Summit KANAZAWA 2019」を開催します。
 

Civic Tech(シビックテック)とは?

Civic(市民)とTech(技術)をかけあわせた造語で、テクノロジーを活用して社会への市民参加を促し、市民自らが地域課題を解決しようとする取り組みや考え方を指します。
 

開催概要

日時:令和元年11月24日(日)10:00~16:30(予定)

基調講演【午前の部】

講演Ⅰ

タイトル:「SDGsを活用して皆で持続可能な社会を創る」

講演者 : 平本 督太郎氏(金沢工業大学 情報フロンティア学部 経営情報学科 准教授)
プロフィール:
一般社団法人 BoPグローバルネットワーク・ジャパン代表理事。メディアデザイン博士(慶応義塾大学)。
World Bank Institude Executive Development Program「Inclusive and Sustainable Bisiness:Creating Markets with the Poor」修了。修士まではSFCにて環境デザイン(アーバンデザイン・ランドスケープデザイン)を専攻。
経済産業省「BoPビジネス支援センター運営協議会」委員、経済産業省のSDGsビジネス関連の補助金選定委員、ジェトロ「SDGs研究会」委員、白山市「SDGs推進本部アドバイザリーボード」座長等、日本政府機関・自治体の委員を歴任。
サステナビリティ経営の世界的権威スチュアート・ハート教授が設立したSDGsビジネスに関する世界的有識者ネットワークBoP Global Networkの日本代表。
 

講演Ⅱ

タイトル:「静岡県が目指す近未来の3次元データ活用~ソウハツする「遊び場」としてのVIRTUAL SHIZUOKA~」

講演者 : 杉本 直也氏(静岡県 交通基盤部建設支援局 建設技術企画課 建設ICT推進班 班長)
プロフィール:
平成6年度に土木技術職として静岡県に入庁後、平成18年度まで土木事務所等で施工監理を担当。平成19年度から平成23年度の5年間、交通基盤部技術管理課で庁内のGIS統合や公開GISの構築を担当。平成24年度から平成26年度の3年間、企画広報部情報政策課で静岡県のオープンデータポータルサイト「ふじのくにオープンデータカタログ」の構築を担当。平成27年度から現所属でi‐Constructionや3次元点群データ関連の業務を担当(委員等)
オープンデータ実務者会議:自治体普及作業部会(内閣官房:2015~2017)、地理空間情報活用推進基本計画策定のための官民勉強会(国交省:2015~2016)、地盤情報活用検討会(国交省:2016~2018)

 

講演Ⅲ

タイトル:「明日のために その1」

講演者 : 宮田 人司氏(Mistletoe Japan, Inc. 代表 / 株式会社OPENSAUCE 代表取締役社長)
プロフィール:
1989年よりミュージシャンとして活動し、音楽制作会社を起業。後にマルチメディアコンテンツの制作やISPの起業、オンラインゲーム開発などを経て1998年に世界初の着メロダウンロードサービスを手掛け、新たな音楽市場を創造。
2010年より金沢へ移住し、町づくり等に貢献。2017年金沢市に食・農をアップデートするOPENSAUCEを設立。食、IT、音楽、デザイン、映像作品、執筆業など多様な分野で活動している連続起業家。また、起業家の育成やベンチャー支援を行っている。
 
株式会社 KNOWCH 取締役会長 / 株式会社CENDO 取締役 / VIVITA 株式会社 取締役 / 株式会社 POOL 取締役 / 株式会社 secca 取締役 / TONKO HOUSE Inc. Partner / TONKO HOUSE PUBLISHERS 株式会社 代表取締役社長 / キッチハイク株式会社 社外取締役 / DiGITAL ARTISAN 取締役 / 株式会社GROVE 顧問

セミナー【午後の部】

2会場に分かれて、社会課題とシビックテックに関するパネルディスカッションや、受講者が参加できるワークショップ、SDGsを学べるカードゲーム体験を実施します。

セッション① 【災害 × Civic Tech】(パネルディスカッション)(交流室1)

「テクノロジーを活用して私たちが災害に対してどう取り組んでいけばいいか」
【パネリスト】 ・中井 寿雄氏(金沢医科大学 看護学部) ・矢崎 淳一氏((一社)Smart Supply Vision) ・滝沢 光氏(Peatix Japan株式会社)
 

セッション② 【親と子供 × Civic Tech】(パネルディスカッション)(交流室2)

「障がい児や病児保育など支援がより必要な子育てを社会やテクノロジーでどう支えていくか」
【パネリスト】 ・矢澤 修氏(株式会社イースマイリー) ・須田 麻佑子氏(認定NPO法人フローレンス)
 

セッション③ 【デザイン × Civic Tech】(ワークショップ)(交流室1)

「現状や課題を可視化し、デザインの力で情報をわかりやすく伝えるには」
 インフォグラフィックスの説明とワークショップ
【講師】 ・木村 博之氏(株式会社チューブグラフィックス) 
 

セッション④ 【SDGs × Civic Tech】(体験ゲーム)(交流室2)

「カードゲーム『2030SDGs』を通して2030年までの道のりを体験しよう」
 解説付きSDGsカードゲーム(定員45名)
【講師】 ・永井 三岐子氏(国連大学サステイナビリティ高等研究所)

※SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは?持続可能な開発目標のことを指し、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。国連サミットにより2015年に採択され、2030年までの15年間で、国際社会が持続可能な世界を実現するために達成すべき17の目標で構成されています。

スケジュール

午前の部(基調講演)
10:00開会挨拶
10:10~講演Ⅰ:「SDGsを活用して皆で持続可能な社会を創る」(平本 督太郎氏)
11:00~講演Ⅱ:「静岡県が目指す近未来の3次元データ活用
    ~ソウツウする「遊び場」としてのVIRTUAL SHIZUOKA~」(杉本 直也氏)
11:50~講演Ⅲ:「明日のために その1」(宮田 人司氏)
休憩
午後の部(セミナー)
セッション①(交流室1)セッション②(交流室2)
13:40~災害 × Civic Tech13:40~親と子供 × Civic Tech
セッション③(交流室1)セッション④(交流室2)
15:00~デザイン × Civic Tech15:00~SDGs × Civic Tech
16:15~クローズドセッション 写真撮影
16:30閉会

場所

ITビジネスプラザ武蔵 6階 交流室1・2(金沢市武蔵町14番31号)

対象

Civic Techに興味のある方ならどなたでも参加いただけます。
※ご参加に特別なスキルは必要ありません。

参加費

無料

定員

100名程度
※当日の参加受付も予定しておりますが、来場者多数の場合は入場をお断りすることがございますのでご了承ください。

申し込み方法

(1)facebookイベントページ「Civic Tech Summit KANAZAWA 2019」内で「参加する」をクリック
※各プログラムへの参加人数の把握のため、お手数おかけしますが、(3)の「金沢市電子申請サービス」での申込みも併せてお願いいたします。
 
(2)メールまたはFAXで参加者氏名、連絡先(メールアドレス、連絡先電話番号)、午前の部(講演Ⅰ~Ⅲ)、午後の部(セッション①~④)それぞれの参加希望を明記のうえ、「申込み&問い合わせ先」まで連絡

(3)「金沢市電子申請サービス」での申込み。こちらにアクセスしてご利用ください。

申し込み&問い合わせ先

〒920-8577 石川県金沢市広坂1-1-1
  金沢市情報政策課ICT活用推進室
  TEL:076-220-2014   FAX:076-220-2777
  Mail:ict@city.kanazawa.lg.jp
 

過去の「Civic Tech Summit KANAZAWA」

問い合わせ先

都市政策局 情報政策課 ICT活用推進室
電話番号:076-220-2014
FAX番号:076-220-2777
ict@city.kanazawa.lg.jp

生活に関するQ&A