金沢市

PCB使用安定器の掘り起こし調査について

照明器具のPCB使用安定器に関する調査への御協力をお願いします

 金沢市内でPCB(ポリ塩化ビフェニル)を使用している安定器(以下、「PCB使用安定器」という。)は令和5年(2023年)3月31日までに全て廃棄処分することが法律で義務づけられています。
 金沢市では、適正な処理を行うためにPCB使用安定器の実態把握のため、昭和52年3月以前に建設された事業用建物所有者の皆様に対し、平成30年度から掘り起こし調査を実施しています。
 令和2年度も引き続き調査を行いますので、お忙しいところ誠に恐縮ですが、調査に対する御理解、御協力をお願い申し上げます。

1 PCB使用安定器とは

 PCBとは水に溶けない、化学的に安定している、絶縁性がよい等の性質を有する工業的に合成された化合物のことです。

 電気機器用(安定器)の絶縁油や各種工業における熱媒体など様々な用途に利用されてきましたが、人体に有毒であることが判明したため、現在は新たな製造が禁止されています。

 安定器は、(業務用・施設用)蛍光灯、水銀灯、(低圧)ナトリウム灯などの照明器具に設置されている電灯のちらつきをなくす装置のことで、器具本体に内蔵されているもの、取り付け台に設置されているものなどがあります。詳しくは(一社)日本照明工業会の下記資料を参照願います。
PCB使用照明器具に関する情報(別ウィンドウで開きます)
 

安定器

2 調査委託

令和2年度の調査は金沢市の委託により株式会社ゼンリンが直接訪問して実施します。
調査の内容等について、御不明な点がございましたら、下記までお問い合わせください。

 

3 問い合わせ先

金沢市PCB調査事務局(株式会社ゼンリン北陸営業所)
金沢市西念2丁目1番1号 ゼンリン金沢ビル3階
TEL:0120-511-232

4 注意事項

株式会社ゼンリンの調査員は、金沢市が発行した身分証明書を携帯しています。
 調査員が金銭等を要求することは一切ありません。
 調査員に疑問を感じた場合は、身分証明書の提示を求めてください。
 ※身分証明書には金沢市長印が押印されています。


 

問い合わせ先

環境局 ごみ減量推進課
電話番号:076-220-2302
FAX番号:076-260-7193
gomigen@city.kanazawa.lg.jp