金沢市国民保護計画

国民保護とは、平成16年9月に施行された国民保護法に基づき、外国からの武力攻撃や大規模テロ等から、国民の生命、身体及び財産を保護することをいいます。
万が一、こうした事態が発生した場合、政府が策定する基本的な方針に基づき、国や都道府県、市町村などが連携協力して、住民の避難や救援、武力攻撃災害への対処などの国民保護措置を行います。

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について

 弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について、内閣官房から連絡がありましたのでお知らせします。

弾道ミサイル発射直後の情報伝達

  •  弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。
  •  ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラートを活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

メッセージが流れたら、直ちに以下の行動をとってください

  • 【屋外にいる場合】
    •  近くのできるだけ頑丈な建物や地下などに避難する。
    •  近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る。
  • 【屋内にいる場合】
    •  できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

行政からの指示に従って、落ち着いて行動してください。

金沢市国民保護計画

この記事に関するお問い合わせ先

危機管理課
郵便番号:920-8577
住所:金沢市柿木畠1番1号
電話番号:076-220-2366
ファックス番号:076-233-9999
お問い合わせフォーム