地区別の緑の量の分布と変化を見てみよう

緑の量は、場所によって異なります。そこで、金沢市内の都市計画区域において、地区別に緑の量の分布と変化を表しました。

自然環境地率が低い西南部方面

住宅などが密集する長田、小将町、高岡、泉、清泉、西南部地区は、自然環境地率が低くなっています。

平成12年度の地区別の自然環境地率の現況地図
凡例

自然環境地率の低下が著しい平野部

ほとんどの地区の自然環境地率は低下しています。特に平野部の港、浅野川、大徳、長田、西南部、清泉地区で著しく低下しています。

平成3~12年度の地区別の自然環境地の変化のグラフ

この記事に関するお問い合わせ先

緑と花の課
郵便番号:920-8577
住所:金沢市広坂1丁目1番1号
電話番号:076-220-2356
ファックス番号:076-224-5046
お問い合わせフォーム