届出

更新日:2022年03月15日

こんなときには届出を

届出が必要な場合の一覧
こんなとき 手続きに必要なもの

・会社をやめたとき
(被扶養配偶者の種別変更も必要)

・本人、配偶者の年金手帳、
   または基礎年金番号通知書
・退職日のわかるもの(離職票など)
・ マイナンバー確認書類
・ 本人確認書類

・厚生年金、共済組合に加入している配偶者の扶養からはずれたとき
・厚生年金、共済組合に加入している配偶者(扶養している人)が65歳になったとき

・本人、配偶者の年金手帳、
   または基礎年金番号通知書
・扶養除外になった日のわかる書類
 (資格喪失証明書など)
・ マイナンバー確認書類
・ 本人確認書類
・国民年金を受けようとするとき
・国民年金を受給していた人が死亡したとき
・国民年金に加入していた人が死亡したとき
・保険料の免除や納付特例の申請を行いたいとき
・国民年金に任意加入するとき
電話などで市民課国民年金係へお問い合わせください。
・付加保険料を納めたいとき ・本人の年金手帳、
   または基礎年金番号通知書
・ マイナンバー確認書類
・ 本人確認書類
・年金手帳、基礎年金番号通知書をなくしたとき
(国民年金第1号被保険者の方)
・本人確認書類

 平成30年3月5日から年金関係の届出や申請等の際には、原則マイナンバーの記入及び本人確認が必要です。
 マイナンバーによる手続については、マイナンバーによる手続(国民年金)をご確認ください。

年金手続きにおける押印の見直しについて

 行政手続きにおける押印見直しにより、年金手続きの申請・届出様式の押印が原則廃止されました。
 詳しくは、日本年金機構のホームページにてご確認ください。

この記事に関するお問い合わせ先

市民課 国民年金係
郵便番号:920-8577
住所:金沢市広坂1丁目1番1号
電話番号:076-220-2295
ファックス番号:076-220-2776
お問い合わせフォーム